プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ズームライオン(Zoomlion)

ズームライオンが新型コロナウイルス(Covid-2019)大流行に対抗措置

ズームライオンが新型コロナウイルス(Covid-2019)大流行に対抗措置

AsiaNet 82976 (0265)

【長沙(中国)2020年2月21日PR Newswire=共同通信JBN】Covid-19新型コロナウイルスの大流行を受け、中国のエンジニアリング・農業機器の大手メーカー、ズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science and Technology Co. 、中聯重科)(01157.HK)は、チャン・チュンシン社長率いる予防・対策チームを直ちに設置、戻ってくる従業員の職場の安全を確保しつつ、寄付を取りまとめ、救急病院の建設支援に当たっている。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200221/2727027-1

救急病院の建設と医療用品の寄付

新型コロナウイルスの大流行に対応し、ズームライオンは数十人のエンジニアと操作員、土木機械、移動式クレーン、コンクリート機械、空中作業プラットフォームなど240セット以上の機械、機器から成る特別サポートチームを素早く立ち上げた。ズームライオンは1月23日から、武漢、湖南、深セン、河南、広西、天津など中国各地の病院建設に参加、最前線の取り組みを後押しするため、医療用品を寄付してきた。

2月18日現在、ズームライオンは300万セット以上の医療用保護機器を購入。260万以上の医療用品が寄付された。

戻ってくる労働者の健康と安全の確保

コロナウイルス大流行からの立ち直りは、2月5日から従業員が徐々に職場に戻ってくることで勢いづくだろう。これまでに従業員の70%以上が復帰し、全体の生産能力は60%-80%まで戻った。

従業員の職場復帰に先立ち、ズームライオンは感染予防・対策チームと職場復帰計画を立ち上げ、彼らの健康と安全を確保した。感染と闘うため、専門チームがオフィスの敷地、製造現場、施設、さらに工業団地の道路、寮、食堂を1日2回消毒している。同時に、感染を避けるため、従業員の体温が定期的にチェックされる。マスクなどの保護物資が全従業員に配布され、常時着用される。予定通り職場復帰できない人には、在宅勤務ができるよう、然るべき再定住措置が用意されている。

厳格な予防・対策措置により、秩序ある経営と生産が強力に保証されている。

▽ズームライオンについて
1992年に設立されたズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science and Technology Co. 、中聯重科)(01157.HK)は、エンジニアリング機械、農業機械、金融サービスを統合するハイエンド機器製造企業である。同社は現在、10の主要カテゴリーをカバーする55の製品ラインから460以上の最先端製品を販売している。詳細については、http://en.zoomlion.com/ を参照。

ソース:Zoomlion

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358124
(写真説明:ズームライオンが新規コロナウイルス(Covid-2019)大流行との闘いに乗り出す)

ズームライオンが新規コロナウイルス(Covid-2019)大流行との闘いに乗り出す
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ