プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ

ファーウェイが新たな価値をもたらす5Gの新製品とソリューションを発表

ファーウェイが新たな価値をもたらす5Gの新製品とソリューションを発表

AsiaNet 82964 (0260)

【ロンドン2020年2月20日PR Newswire=共同通信JBN】ロンドンでのファーウェイ(Huawei、華為技術)製品とソリューションの発表会で、丁耘(ライアン・ディン)ファーウェイ専務取締役兼通信事業者向けネットワーク事業グループ・プレジデントは「5G、Bring New Value(新たな価値をもたらす5G)」と題する基調講演を行った。丁氏は、ファーウェイの新しい5G製品とソリューションを発表するとともに、5Gパートナーイノベーションプログラムを立ち上げた。こうした取り組みは、5Gエコシステムを繁栄させ、5Gを商業的に成功させることが狙いである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200220/2725942-1
基調講演を行う丁耘(ライアン・ディン)氏

丁氏は、5Gは展開、エコシステム、体験の点で想像を超える発展を遂げており、ネットワークは5Gビジネスの基盤だと語った。ファーウェイはこれまでに、91件の商用5G契約を獲得、60万以上の5G Massive MIMOアクティブアンテナユニット(AAU)を出荷した。ファーウェイは、世界をリードする5Gサプライヤーとして、最高のエンド・ツー・エンド5Gソリューションの開発に取り組んでいる。これには、あらゆるシナリオをサポートする業界最高性能の5G基地局と、業界最高の集積レベルのブレードAAUが含まれる。ブレードAAUは全てのサブ6 GHz周波数帯域で動作し、2G、3G、4G、および5Gネットワークをサポートする。これにより、限られたスペースへのアンテナ設置という問題に対処し、従来のソリューションと比べ総所有コスト(TCO)を30%以上削減できる。ファーウェイは、業界で初めて垂直アプリケーション向けの産業用5Gモジュールを提供するベンダーでもある。

人々は、4Gを使用することでビデオや音声を共有できる。しかし、5Gが提供する超高帯域幅により、人々は没入型のARやVR体験を楽しむことができ、これまでにないような思考や感覚の伝達ができるようになる。こうした素晴らしい体験は、信じられないほどの新しい価値を生み出す。5G超高速モバイルブロードバンド(eMBB)の成熟につれ、高解像度ビデオサービスは5G B2Cサービスの飛躍的な成長を促すだろう。5G B2Bサービスも大きな可能性を示している。ファーウェイと一部の通信事業者は5G白書を共同でリリース、数多くの業界で5Gの採用を推進するため、B2Bアプリケーションの研究を行った。丁耘氏は発表会で、ファーウェイが最近リリースしたライブ放送バックパックを聴衆に披露した。5Gモジュールが組み込まれたこのバックパックは、ライブ放送をはるかに容易にする。

丁氏は、4G時代には、ほぼすべての通信事業者が同じネットワーク体験を提供していたと強調。しかし、5G時代になれば通信事業者は差別化された体験を提供し、データ量、遅延、帯域幅、接続されているデバイスの数など、より多くの基準に基づくユーザー課金ができるようになる。こうして、5Gの収益化が可能になる。通信事業者は今こそ、5Gビジネスモデルの再定義することが重要である。

ファーウェイとそのグローバルパートナーは、ニューメディア、キャンパス、ヘルスケア、教育など、多くの領域をカバーする複数の5Gプロジェクトで協力してきた。発表会で丁耘氏は、ファーウェイの業界パートナーの多くが見守る中、5Gパートナーイノベーションプログラムを立ち上げた。同プログラムを通じて、ファーウェイは今後5年間で2000万米ドルを革新的な5Gアプリケーションに投資し、5Gエコシステムの繁栄に貢献し、5Gの商業的成功を加速させる計画である。

▽ファーウェイについて
ファーウェイ(Huawei、華為技術)は、情報通信技術(ICT)インフラとスマートデバイスのグローバルプロバイダーである。当社は、通信ネットワーク、IT、スマートデバイス、クラウドサービスの4つの主要領域をカバーする統合ソリューションで、完全に接続されたインテリジェントな世界を目指し、全ての人、家庭、組織にデジタルをもたらすべく取り組んでいる。

ファーウェイのエンド・ツー・エンドの製品、ソリューション、サービスのポートフォリオは、競争力があるだけでなく安全である。エコシステムパートナーとのオープンなコラボレーションを通じて、当社は顧客に永続的な価値を創造し、人々に力を与え、家庭生活を豊かにし、あらゆる形態、規模の組織のイノベーションを引き出している。

ファーウェイでは、イノベーションは顧客ニーズに焦点を当てている。当社は基礎研究に多額の投資を行い、世界を前進させる技術的ブレークスルーに注力している。従業員数は2018年末までに18万8000人を超え、170以上の国と地域で事業を展開している。1987年創業のファーウェイは、従業員が全株式を保有する民間企業である。

詳細については、www.huawei.com からオンラインでファーウェイを参照するか、以下でフォローを。

http://www.linkedin.com/company/Huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

ソース:Huawei

画像添付リンク
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358068
写真説明:基調講演を行う丁耘(ライアン・ディン)氏

基調講演を行う丁耘(ライアン・ディン)氏
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ