プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The Website of Weifang Industrial and Information Technology Bureau

山東省・イ坊の産業界が疫病と闘いながら業務と生産を再開

山東省・イ坊の産業界が疫病と闘いながら業務と生産を再開

AsiaNet 82955(0254)

【イ坊(中国)2020年2月20日新華社=共同通信JBN】新型コロナウイルスによる肺炎(NCP)に対処するため、山東省政府は国家経済と人々の生活に重要な企業に対し、疫病の防止と制御の措置を厳格に実行する前提で、直ちに仕事と生産を再開するよう要請する通告を発した。重要な生産と生活物資の供給を十分に確保するためである。

イ坊産業・情報技術局(Weifang Industrial and Information Technology Bureau)のウェブサイトによると、イ坊市政府は国家、省、そして市の方針を厳格に実施して産業界の業務と生産の再開を推し進める。同市政府は100社の重要企業にマンツーマンの連絡サービスを提供して疫病の予防について監督、指導し、企業の生産と運営を適時アップデートし、関連する課題を調整・解決する。その目標は企業の業務と生産の早期再開を確実にし、疫病の予防と制御に向けた供給とサポートを提供することである。例えばWeichai Groupは疫病予防と制御を確実に行いながら、1月末までに徐々に通常の生産を再開し、山東省で最初に操業を再開した企業の1つとなった。

ソース:The Website of Weifang Industrial and Information Technology Bureau

添付画像リンク先:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358010
(写真説明:2月11日、イ坊のFutian Shandong多機能車両工場では、最前線の疫病制御に向けて湖北省武漢に送る陰圧救急車の試験とデバッグをスタッフが行った。この工場では旧正月の初日に担当職務に戻るよう従業員を組織して生産を再開し、対応能力を増やすために超過勤務した)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=358016
(写真説明:2月11日、イ坊・青州の自動車メーカーの打ち抜き・溶接作業場で働く従業員)

イ坊のFutian Shandong多機能車両工場で、湖北省武漢に送る陰圧救急車の試験とデバッグを行うスタッフ
イ坊・青州の自動車メーカーの打ち抜き・溶接作業場で働く従業員
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ