プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会

日本パブリックリレーションズ協会が設立40周年記念事業を開催

PR界の国際イベント「PRovoke サミット&SABREアワード」を初めて日本に招聘

2020年2月20日
公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(東京都港区、理事長:畔柳一典、略称:PRSJ、以下当協会)は、設立40周年を記念し、中核的事業として「アジア・パシフィックPRovoke(プロヴォーク)サミット(元IN2(イントゥー)サミット)&SABRE(セイバー)アワード」(※1)を日本に初めて招聘し、2020年9月17日(木)に東京都内で開催いたします。

これは、グローバルなパブリックリレーションズ(以下PR)の業界情報プロバイダーであるPRovokeMedia(元HolmesGroup、本社:ロンドン&ニューヨーク、CEO兼PRovokeMedia編集長:アルン・サダマン、以下PRovoke)(※2)がアジア太平洋地域の都市で毎年主催・実施しているものです。今回は、当協会がホストパートナーとなることが決定いたしました。

PRovokeサミットでは、各国のPR界のリーダーや企業の経営幹部を交え、PRの新たな可能性について議論します。サミットの最後には、調査・討議した内容を「東京宣言」として発表し、世界に発信いたします。SABREアワードはPR業界の国際的な業界賞で、世界各地で開催されています。アジア・パシフィックSABREアワードには毎年、アジア太平洋域内から1500件以上ものエントリーがあります。

PRovokeMediaのCEOであるサダマン氏は「私も創立者のポール・ホームズも、2020年という年に東京で初めてアジア・パシフィックPRovokeサミット&SABREアワードを開催できることを大変うれしく思っています。東京で皆様とPRについて議論し、ここで得られるインサイトとイノベーションについて、世界に発信していきたいと思います」と述べています。PRSJ40周年記念事業及び「2020アジア・パシフィックPRovokeサミット&SABREアワード東京」の開催概要は以下の通りです。
◇PRSJ40周年記念事業の開催概要

■40周年記念事業の目的
1.パブリックリレーションズに関する理解促進、スキル向上
2.パブリックリレーションズに関する新たな価値創造と発信
3.パブリックリレーションズの目指すゴールに関するグローバル発信

■40周年記念事業の主な活動
1.パブリックリレーションズに関するグローバル調査
2.「2020アジア・パシフィックPRovokeサミット&SABREアワード東京」をPRSJがホストパートナーとして招聘
3.40周年記念パーティー開催(主催:PRSJ、協力:PRovoke)
開催日:2020年9月16日(水)開催場所:東京プリンスホテル

■「2020アジア・パシフィックPRovokeサミット&SABREアワード東京」の概要
主催:PRovoke Media(ホストパートナー:PRSJ)
開催日:2020年9月17日(木)
開催場所:東京プリンスホテル
2020アジア・パシフィックPRovoke サミット東京の構成内容
  ・キーノート・セッション
  ・ライトニングトーク
  ・パネルディスカッション
  ・「アジア・パシフィックSABREアワード」(※1)の表彰
  ・PRSJ主催セッション
-世界に向けて、パブリックリレーションズのこれからの可能性を提
 言する「東京宣言」を発表。
  上記各セッションには、国内外のPR界のリーダー、経済人などが登壇予定

※1 アジア・パシフィックPRovokeサミット:ホームズグループが毎年アジア太平洋地域の都市で開催しているPR業界の国際イベントです。このサミットには、アジア太平洋地域のPR関係者が集結し、コミュニケーションとエンゲージメントに関する「Insight」と「Innovation」のインパクトを探求するイベントとなっています。

SABREアワード:世界最大規模の優れたPR事例を表彰する国際賞です。1989年にアメリカで「CIPRAAwards」として始まり、2000年に「SABREAwards」という名称に変更されました。SABRE(セイバー)とは「SuperiorAchievement in Branding, Reputation andEngagement(ブランディング、レピュテーションおよびエンゲージメントにおける優秀な業績)」を意味しており、毎年、EMEA(ヨーロッパ&中近東)、北米、アフリカ、アジア太平洋、南アジア、南米で開催されています。アジア太平洋地域で開催される「アジア・パシフィックSABREアワード」は、毎年1500件以上ものエントリーがあります。世界の各地域でエントリーされた合計6000件以上から選ばれた優秀な作品には、「グローバルSABREアワード」が授与されます。

※2 PRovokeMedia: 2000年に、創立者兼会長であるポール・ホームズ氏によって設立。2020年1月31日に名称をHolmesReportからPRovokeMediaに変更。PR業界のオンラインメディアPRovokeMediaを運営するほか、世界各地でPRovokeサミット、SABREアワードを開催。当初は、ポール・ホームズ氏一人でコンテンツ制作を行っていたため、メディア名に同氏の名前を冠していましたが、現在は拠点もニューヨーク、ロンドン、サンフランシスコ、香港に拡大し、サダマン編集長に始まり、編集チームも増員されました。ホームズ氏一人の視点ではなく、複数の視点で報道し、コンテンツを制作することになり、ブランド名もこの変化にあわせ変更することになりました。

 

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会について
当協会は、1980年の設立以来、広報・PRに関する普及啓発と発展を目指して、「教育・研修事業」「顕彰事業」「PRプランナー資格認定事業」など、さまざまな事業活動を行ってきました。2020年1月現在、700人を超える会員(法人と個人)で組織され、公益社団法人としてさまざまな事業を通し、企業・団体の広報担当者とPRエージェンシーの専門家が互いのPRに関する知識やノウハウを共有し、実際の広報PR活動に役立てるとともに、次代を担う広報・PRパーソンの人材育成にも積極的に取り組んでいます。

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ