プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス、豪オフィスITサービス企業CSG社の買収と子会社化を完了

オーストラリアとニュージーランドにおける、 中小企業向けITソリューションや出力機器の販売拡大を目指す

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井光一)の子会社である富士ゼロックスアジアパシフィック(本社:シンガポール、社長&CEO:友納睦樹)は、オーストラリアのオフィスITサービス企業CSG(本社:オーストラリアメルボルン)と、オーストラリア法上の買収手法「スキーム・オブ・アレンジメント1」による買収手続きが完了し、2月19日より、CSG社は富士ゼロックスアジアパシフィックの100%子会社となりました。富士ゼロックスは本買収を通じ、オフィス向け出力機器やITサービスの提供に関する事業シナジーを活かし、オセアニア地区の中小企業(以下、SMB)に対するさらなる事業拡大を目指します。

CSG社の新社長には、富士ゼロックス執行役員オーストラリア・ニュージーランド地域営業担当の杉山健が就任します。CSG社はオーストラリアとニュージーランドを拠点に、主にSMB約10,000社の顧客企業に対し、オフィス向け出力機器やITサービスを提供しています。オーストラリアとニュージーランドでは企業の約9割2がSMBです。大手企業を主な顧客に持つ富士ゼロックスが、SMBに対し強みを持つCSG社を買収することで、両社の相互補完的な事業体制を最大限活用し、幅広い顧客層への最適なITサービスや商品の提供を強化します。なお、本買収後もCSG社の社名は継続します。

富士ゼロックス執行役員、CSG社社長 杉山健コメント:
「CSG社は、オーストラリアとニュージーランドのSMBに対し、30年以上にわたり、地域に密着したきめ細やかな販売やサポートを提供してきました。今後はそのお客様に対し、富士ゼロックスが持つ革新的な商品やITサービスの提供を通じ、業務プロセス全体の最適化などにより、経営課題の解決やさらなる事業成長に貢献します。」

【CSG社の概要】
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100203/202002176880/_prw_PT1fl_t6lMU3Bm.png
*1 Schemeof Arrangement: オーストラリア上場会社の全株式を取得する方法のひとつ
*2  当社調べ

お知らせ: 2021年4月1日から、富士ゼロックス株式会社は社名を「富士フイルムビジネス イノベーション株式会社」に変更いたします。

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFujiXeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

CSGロゴ
富士ゼロックスロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ