プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズリニューアル!2月25日新発売

2020年2月19日

株式会社 明治

サッと溶けておいしく飲むことができる明治の粉末プロテイン!
「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズリニューアル! 
2月25日新発売

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、プロテインのトップブランド※1であるザバスより発売中である「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズをリニューアルし、2020年2月25日から全国で発売いたします。

特長① 当社独自の造粒技術“均質顆粒化製法”により、より溶けやすく
ダマになりにくい品質を実現
特長② 吸収の良いホエイプロテインとカラダづくりに必要なビタミンを独自配合

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O1-9Plx3LRI

 2019年度のプロテイン市場は約550億円となる見込みで、10年前と比較し約4倍と大きく伸長しています(図1)。粉末タイプの伸長に加え、ゼリータイプやバータイプ、ドリンクタイプなど手軽に摂取できるプロテインの需要も高まり、市場が拡大しています。この市場拡大の背景には、従来のアスリート層のユーザーに加え、引き締まったカラダづくりやスタイルアップなどを目的に、プロテインを摂取するといった一般層にまでニーズが拡大しているためです。今後も、スポーツへの関心や健康維持・向上に対する意識の高まりにより、さらなる市場拡大が見込まれます。
※1インテージSDI プロテイン市場2018年10月~2019年9月ブランド別累計販売金額

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O2-5QYM4ubW

 このような市場背景の中、これまでの粉末プロテインの溶け方や味に満足されていない方にも、満足いただけるよう、「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズをリニューアルします。
今回、2019年秋より稼働を開始した倉敷工場での、当社独自の造粒技術“均質顆粒化製法”を活用し、より溶けやすくダマになりにくい品質を実現しました。
 また、当社が実施した2,000名以上のアスリートや部活生の食事調査結果に基づき、カラダづくりに必要なビタミンを独自の設計※2で配合しました。今回のリニューアルでは、新たにビタミンDを配合しています。
さらには、使いやすさが向上した新容器へとリニューアルし、持ちやすさや使いやすさ、蓋をしている際の密封性がアップしました(※特許出願中)。
※2「ザバス ホエイプロテイン100」を1日2回(約42g)摂取することで、アスリートが1日に必要とするビタミンB群、
ビタミンC、ビタミンDの不足分を補えるように設計しています。

■溶けやすさがアップ!
 「ザバス」は長年にわたるプロテインの研究を通じて、プロテインパウダーが特定の大きさで、水に溶けやすいことを発見しました(※特許出願中)。従来も分散性に効果のある原料を選定する“配合技術”により、溶けの良さも好評をいただいておりましたが、倉敷工場の稼働により、新たな造粒技術として、溶けの悪い細かい粒や大きい粒を減らし、溶けやすい大きさに粒を均質化する 当社独自の“均質顆粒化製法”での生産が可能となり、より溶けやすく、ダマになりにくい品質を実現しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O3-U3rp7M7Y

【“造粒”とは・・・】
 “造粒”とは、原料の粉末を粒状に形成することをいい、造粒することによって溶解性と商品に含まれる栄養素の均一性を高めることができます。たんぱく質と必要な栄養素を効率的に摂取するために、この“造粒”は、プロテインの製造において、とても重要な工程です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O4-PZ5R1xo9

■「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズ商品ラインアップ
 「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズでは、さまざまなフレーバーを取り揃えて、運動する皆さまを応援してまいります。

【ザバス ホエイプロテイン100 ココア味】
 ココアと甘さのバランスにこだわり、ココア感をしっかり感じられつつも、後味スッキリのおいしさです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O18-5RKPYkxX
【ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味】
 ホエイ特有の臭いをマスキングした、バニラ感がありつつも、スッキリとしたおいしさです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O19-41OF1zuP
【ザバス ホエイプロテイン100 リッチショコラ味】
 ココアパウダーを3倍配合※3することで、水に溶かしても、しっかりとしたおいしさを感じることができます。
※3「ザバス ホエイプロテイン100 ココア味」と比較して。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O20-A4QaY9Uq
【ザバス ホエイプロテイン100 抹茶風味】
 抹茶感と甘さのバランスにこだわり、水に溶かしても、しっかりとしたおいしさを感じることができます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O21-9MzGI6Pp
【ザバス ホエイプロテイン100 ヨーグルト風味】
 ヨーグルトパウダーを配合することで、水に溶かしても、しっかりとしたおいしさを感じることができます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O22-6cWx6IW1

■「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズはアンチドーピング認証プログラムを取得!
 「ザバス ホエイプロテイン100」シリーズは、国際的アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得しました。
 「インフォームドチョイス」とは、英国LGC社が認証する、国際的に知られた非常に透明性の高いアンチドーピングプログラムの名称です。当社では、WADA(世界アンチ・ドーピング機関)が定める国際基準をふまえ、高度な分析技術と製造工程の監査によって、使用が禁止されている物質が製品に混入していないかを検査しています。
 今後も、当社は、目標に挑み続けるアスリートや、スポーツを楽しむ方が安心して使用できる商品を、ご提供し続けます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O23-wBQd56Ls

■「(ザバス)MILK PROTEIN」シリーズも順次リニューアル!
 手軽にとれる本格プロテインとして、大変ご好評をいただいております「(ザバス)MILK PROTEIN」 シリーズについても、「ザバスブランド」として、粉末プロテインと連動したパッケージデザインに仕立て、3月上旬より順次リニューアルします。
 TTBタイプ(430ml・860ml)のすっきりフルーティーとヨーグルト風味については、よりすっきりと飲める風味に、ココア味は、すっきりと飲める中でも、ココア風味をより感じられる風味へと改良しました。
 また、ブリックタイプ(各200ml)のココア風味については、ココア感を高めることでさらにおいしくゴクゴク飲める風味へ、バニラ風味とバナナ風味は、甘さを抑え、よりすっきりと飲みやすい風味へと改良しました。
 「(ザバス)MILK PROTEIN」シリーズでは、さまざまなフレーバーや容量の商品を展開することで、お客さまの幅広いニーズにお応えするとともに、飲用シーンの拡大を図ってまいります。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002186938-O25-6zF06Ck4

「ザバスホエイプロテイン100」シリーズ(14食分).PNG
プロテイン市場規模推移
新しい飲用方法
造粒
「ザバス ホエイプロテイン100 ココア味」ラインアップ
「ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味」ラインアップ
「ザバス ホエイプロテイン100 リッチショコラ味」ラインアップ
「ザバス ホエイプロテイン100 抹茶風味」ラインアップ
「ザバス ホエイプロテイン100 ヨーグルト風味」ラインアップ
インフォームドチョイス
「(ザバス)MILK PROTEIN」シリーズラインアップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ