プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ミツエーリンクス

AI搭載型OCRによる紙文書のデジタル化を支援する「AI-Digica with AI inside」の提供を開始

2020年2月18日

株式会社ミツエーリンクス

AI搭載型OCRによる紙文書のデジタル化を支援する「AI-Digica with AI inside」の提供を開始

株式会社ミツエーリンクス(東京都新宿区、代表取締役・髙橋 仁、以下ミツエーリンクス)は、東日本電信電話株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長・井上 福造、以下NTT東日本)とOEM契約を締結し、AI inside 株式会社の文字認識AIを活用したOCRによる紙文書のデジタル化を支援する「AI-Digica with AI inside(以下AI-Digica)」の提供を開始いたします。

「AI-Digica」によりデータ入力にかかる工数を削減することで、顧客企業さまの業務効率化に貢献してまいります。

■「AI-Digica」の特長

・継続的に読み取り精度が向上
AIを搭載したOCRにより、収集した大量の文字データから文字の特徴を学習するので、継続的に読み取り精度が向上します。

・柔軟なサービス提供方式
当社スタッフが貴社にうかがってデータ化を行う「出張AI-Digica」、大量の電子化ニーズに応える「AI-Digicaアウトソーシング」、自社でデータ化作業を行うための設定・トレーニングを行う「AI-Digica導入支援」と、3つのプランをご用意しています。

・RPAとの組み合わせで業務フローを自動化
データ化した情報を整形したり、システムへの投入を行ったりなど、データ化の「その先」を支援します。

「AI-Digica with AI inside」サービスの詳細
http://www.mitsue.co.jp/service/dx/ai-digica.html

NTT東日本について
https://www.ntt-east.co.jp/
AI inside 株式会社について
https://inside.ai/

■株式会社ミツエーリンクスについて

ミツエーリンクスは、顧客企業さまのビジネスを持続的発展に導く、コミュニケーション・デザイン・カンパニーです。

1990年というIT分野の幕開けともいえる時期から、デジタルコンテンツを中心に数々のユニークなサービスを提供。企業のマーケティング活動をデジタルメディアで実現し、また継続的に改善し続けるべく、コンテンツ(映像・音声を含む)およびUIの企画・設計・実装、Webサイトの構築・運用を中心に、システム開発、アプリケーション開発、アクセシビリティ/ユーザビリティの向上、アクセス解析に至るまで、様々なサービスを包括的に提供しています。高い技術品質、プロセス品質、サービス品質と共に一連のサービスを有機的に統合し、企業・社会活動に貢献します。

また、ミツエーリンクスは、次の国内外規格を取得しています。
・品質管理の国際規格 ISO9001(認証事業所:本社)
・情報セキュリティ管理の国際規格 ISO27001/ISMS(認証事業所:本社)
・プライバシーマーク制度

当社についての詳細は、以下のWebサイトよりご覧いただけます。
ミツエーリンクスWebサイト: https://www.mitsue.co.jp/

〔商標〕
記載されている会社名、製品名等の固有名詞は、各社の登録商標または商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ