プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Georg Fischer Piping Systems

GF Piping Systemsが溶接ビードを評価し、承認印を迅速かつ客観的に押してくれる先駆的検査ツールを発表

GF Piping Systemsが溶接ビードを評価し、承認印を迅速かつ客観的に押してくれる先駆的検査ツールを発表

AsiaNet 82920(0239)

【シャフハウゼン(スイス)2020年2月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*溶接ビード検査(WBI)ツールは、赤外線溶接ビードの品質をこれまで以上に確実に評価することで、マイクロエレクトロニクス、化学処理、ライフサイエンス、エネルギー部門のパイピングシステムに安心を提供

GF Piping Systemsは18日、最新のイノベーションであるWBIツールを発表した。この先駆的技術は、PROGEF規格(PP)、SYGEF規格(PVDF)コンポーネント両方の赤外線溶接の完全性を評価、あらゆる要素が直感的かつ効率的に設計されている。

赤外線バット融合プロセスを使用してプラスチックのパイピングコンポーネントを接合すると、溶接ビードができる。かつては、経験豊富な溶接工や品質管理マネジャーがビードの質を肉眼で評価し、ビードが完全に融合し可能な限り均一であるかどうかを確認していた。しかし、こうした専門知識を持つ有資格作業者はますます少なくなっている現在、リスクを取る理由がどこにあるのか?

コンピューターのマウスと同じくらい小さく、最新の光センサー技術が詰め込まれているWBIツールは、要求の厳しいアプリケーション用の溶接部をデジタルで検査し、潜在的な弱点を客観的に浮き彫りにし、数百万ドル相当の損失を生じさせる漏れのリスクを確実に減らす。

接合技術製品マネジャーのピーター・ベフラー氏は「WBIツールの全要素は、顧客のニーズに合わせ細心の注意を払って設計されている。顧客の要求に完全に適応できるWBIツールは、最大15の異なるパイプ径に適合、4-16の異なる溶接ポイントを分析できる。溶接ビードを評価し、これほど迅速かつ客観的に承認印を押してくれるツールはこれまでなかった」と語った。

WBIツールには2つのサイズがあり、d20からd225までの様々なサイズのパイプの接続をチェックできる。付属のソフトウエアを使えば、溶接の6つの主要領域(K値、ウォールオフセット、幅、面積、高さ、角度)を検査しながら、同時に溶接ごとの合格/不合格の認証を得ることができる。

溶接ビード検査(WBI)ツールの詳細については、www.gfps.com を参照。

▽GF Piping Systemsについて
GF Piping Systemsは、水、化学物質、ガスの安全かつ信頼性の高い輸送のグローバルエキスパートである。プラスチック製のメンテナンスフリーで長寿命のパイピングシステムは、当社顧客の重要なアプリケーションをより速く、よりコスト効率良く、より持続的に実行する役に立っている。GF Piping Systemsは、計画から試運転までプロジェクトの全段階で顧客をサポートしている。

www.gfps.com

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1091223/GF_Piping_Systems_Logo.jpg

ソース:Georg Fischer Piping Systems

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ