プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Embassy Office Parks REIT

Embassy REITが2019-20会計年度第3四半期の決算と470億700万ルピーの四半期分配金を発表

Embassy REITが2019-20会計年度第3四半期の決算と470億700万ルピーの四半期分配金を発表

AsiaNet 82896 (0233)

【ベンガルール(インド)2020年2月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*今四半期は、多くのリース、予定を前倒しの建設中ブロックの提供、上場後初の買収完了などが特徴

インド初の上場REITでアジア最大のEmbassy Office Parks REIT(NSE: EMBASSY)(BSE: 542602)(Embassy REIT)は14日、2019年12月31日終了の第3四半期の決算を報告した。

Embassy REITのマネージャーであるEmbassy Office Park Management Services Private Limited(EOPMSPL)は14日開催された取締役会で、2020会計年度第3四半期の分配金は47億700万ルピーで、1口あたり6.1ルピーであると発表した。2020年の累積分配金は、総計135億400万ルピー、1口あたり17.5ルピーとなった。2020会計年度第3四半期分配金の記録的な期日は2020年2月24日で、分配金は2020年2月29日ないしはそれ以前に支払われる。

今四半期の決算について、Embassy REITのマイケル・ホランド最高経営責任者(CEO)は「当社のオフィス・ポートフォリオは、今後も提供を継続する。2019年、インド市場のリースは記録的な6000万平方フィート(msf)を超え、世界でオフィス入居市場をリードするインドのオフィスセクターの強みをあたらためて浮き彫りにした。われわれは今後も、着実なリース、累積開発パイプラインの早期提供、追加キャンパスオフィス開発の開始、追加エリアの買収を通じて、国際的な企業が促進するこの入居需要を大いに活用し、当社最大のビジネスパークでのさらなる拡大をサポートしていく」と語った。

▽財務ハイライト
*2020会計年度第3四半期の事業収益は、対前年比14%増の54億5900万ルピーとなり、2020会計年度第3四半期までの累積では対前年比16%増となった。

*2020会計年度第3四半期の純営業収益は対前年比16%増の46億3900万ルピーとなり、2020会計年度第3四半期までの累積では対前年比17%増となった。

*2020会計年度第3四半期および2020会計年度累積の純営業利益率は、スケール効率と低い管理手数料を反映して、85%となった。

*9.03%で164億ルピーを資金調達。バランスシートは2019年12月31日時点で、純利子負債に対するTEV(総企業価値)は12%と控えめなレバレッジとなっている。

▽ビジネスハイライト
*2019年12月31日現在のポートフォリオ占有率は95.1%に増加で、対前年比で220 bps、前期比で40 bps、それぞれ増加した。

*2020会計年度第3四半期の新規リースは約500000 sfの力強いフォワードパイプラインを含めて約527000 sf。

*2020会計年度の年初来の累積新規リースは、記録的な約1.7 msfで、約1.1 msfの再リースで56%のマークツーマーケット・スプレッドでエンベデッドグロースを達成した。

▽グロースイニシアチブ
*44%の入居者に対する事前契約によって、約1.4 msfのオフィススペースを予定よりも前倒しで提供した。

*追加の約2.6 msfのオンキャンパスプロジェクトによってグロースの次のフェーズを開始した。

*ベンガルールのEmbassy Manyataビジネスパークにあるリース可能な0.6 msfエリアを買収、これは2023会計年度第4四半期に開発終了時点で9.25%の初期収益を上げる予定。

▽投資家向け資料および四半期の投資家電話会議の詳細
Embassy REITは四半期決算および業績に関する一連の情報をリリースし、これには(i)2019年12月31日に終了した今四半期および9カ月間の未監査の要約独立および要約連結の財務表(ii)2020会計年度第3四半期をカバーする投資家向けプレゼンテーション(iii)世界のリートで主要なリポーティング慣習に沿った追加の営業および財務データブック-が含まれている。これらすべての資料は、Embassy REITのウェブサイトir.embassyofficeparks.com のInvestor Relationセクションで入手できる。

Embassy REITはインド標準時2020年2月14日18時30分に電話会議を開き、2020会計年度第3四半期の決算を説明する。会議のリプレーは、Embassy REITのウェブサイトir.embassyofficeparks.com のInvestor Relation セクションで2020年2月29日まで見ることができる。

▽Embassy REITについて
Embassy Office Parksはインド初で唯一の上場REITである。Embassy REITはインド全土の2480万平方フィートの完成済みで使用可能な商業用不動産物件で構成される。パイプラインにある約850万平方フィートのキャンパス内開発により、総ポートフォリオはインドの最高業績のオフィス市場であるベンガルール、ムンバイ、プネ、デリー首都圏(NCR)の7つのグレードAのオフィスパークと4つの市内中心部のオフィスビル全体で3330万平方フィートに及ぶ。ポートフォリオには160以上の優良企業入居者が入っており、2つの完成したホテル、2つの建設中のホテル、パークテナントに再生可能エネルギーを供給する100MW(AC)のソーラーパークなど、戦略的アメニティーを備えた75の建物で構成されている。

▽問い合わせ先
Ritwik Bhattacharjee
Head of Investor Relations
Email: ir@embassyofficeparks.com
Phone: +91-80-3322-2222

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/959202/Embassy_Office_Parks_Logo.jpg

ソース:Embassy Office Parks REIT

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ