プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Viettel Group

ベトナムの4Gユーザーが2020年に1000万人増加へ

ベトナムの4Gユーザーが2020年に1000万人増加へ

AsiaNet 82855(0214)

【ハノイ(ベトナム)2020年2月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*Viettelが3700のサービス空白地域を埋めるため2400の基地局を増設へ
*ベトナムの巨大通信企業は販売会社と協力して65ドル以下のスマートフォン、25ドル以下のフィーチャーフォンを提供へ
*Viettelはこれらのソリューションによって4Gユーザーが1000万人増加すると推定

Viettel Group は65ドル以下のスマートフォンと25ドル以下のフィーチャーフォンを提供するために販売会社と協力することでベトナムでの4Gの普及を促進する計画だ。加えてViettelは全国の3700のサービス空白地域を埋めるために約2400の基地局を増設する。この2つのソリューションで、Viettelはベトナムの4Gユーザー数が1000万人増加すると予測している。

2019年は飽和状態の市場にもかかわらず、Viettel Group のテレコム収益は、同部門の平均の2倍の6.4%増加した。海外市場でのテレコム収益は24.4%増加した。2019年の成長をけん引したのはデータサービスからの収入で、リサーチ・コンサルティング会社フロスト&サリバンはViettel Group の電気通信部門のViettel Telecom を「ベトナムのモバイルデータサービスプロバイダー・オブザイヤー(Vietnam’s Mobile Data Service Provider of the Year)」に指名した。

Viettel は2020年にテレコムで4.3%の成長を目標にしている。それはベトナムのテレコミュニケーション市場の飽和状態と同部門の低利益予想のため、厳しい目標だ。さらに、同グループは2019年の固定回線収入の23.2%増加が確認されたブロードバンドサービスの収益でリーダーになる野望を持っている。

▽Viettel Groupについて
Viettel Groupはベトナムのハノイに本社を置く国際企業。同グループはアフリカ、アジア、中南米の11カ国で投資している。Viettelは電気通信と情報技術(IT)、電子工学と電気通信機器の研究と製造、防衛産業、サイバーセキュリティー、デジタル・サービスの5つの事業分野を持つ。Viettel GroupメンバーのViettel Telecomはベトナム最大の電気通信サービス事業者である。

2019年に Viettel はベトナムで5Gブロードキャストを試験した最初の企業で、ベトナムを世界で最も早く5Gブロードキャストを成功させた上位10カ国の1つにし、デジタル社会を目指して多様なIoTと基盤技術を展開した。2020年1月中旬に、Viettelは社内で開発した機器を使用して最初の5Gビデオ通話試験を成功させた。

ソース:Viettel Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ