プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社朝日ネット

IPv6接続サービス「v6 コネクト」が NTT東日本、西日本の提供するホームゲートウェイに対応

~ホームゲートウェイにてDS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能を提供開始~

2020年2月12日
株式会社朝日ネット

株式会社朝日ネット(東証第一部、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方 次郎、以下「朝日ネット」)は、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社(以下「NTT東日本、NTT西日本」)が提供するホームゲートウェイのDS-Lite方式に対応したIPv6接続サービス「v6 コネクト」を提供開始することをお知らせいたします。

1 概要
 朝日ネットは2019年9月2日よりVNE事業者として電気通信事業者向けにIPv6接続サービス「v6 コネクト」を提供しております。またオプションサービスとして、一部の通信機器において「IPv4 over IPv6接続機能(DS-Lite方式)」(以下、本オプションサービス)を提供してまいりました。
 この度、新たにNTT東日本、NTT西日本が提供するホームゲートウェイで「v6 コネクト」の本オプションサービスが利用できるようになります。ホームゲートウェイはNTT東日本、西日本が提供するインターネット接続サービス「フレッツ 光ネクスト」の多くのお客様が利用している通信機器です。従来、本オプションサービスを利用するためにはお客様自身でホームゲートウェイとは別のDS-Lite対応通信機器をご準備いただく必要がありましたが、2020年3月1日以降はホームゲートウェイのみでご利用いただけるようになります。
 本対応により現在ホームゲートウェイをご利用中のお客様は、新たな端末を用意することなく本オプションサービスの利用が可能となります。また、本オプションサービスはネイティブ方式(IPv6 IPoE)でのご利用となるため、お客様自身によるインターネット接続の初期設定が従来のIPv4 PPPoE方式の設定よりも大幅に簡便になる等、利便性が向上します。
 今後は、本対応に加えて新たな対応通信機器の追加を予定しております。引き続き「v6 コネクト」のサービス品質向上に向けた様々な取り組みを行ってまいります。

2 提供開始日
 2020年3月1日

3 対象ホームゲートウェイ
 NTT東日本、西日本が提供する下記のホームゲートウェイに対応いたします。

 1)2020年3月1日以降
  PR-600MI / PR-600KI / RX-600MI / RX-600KI

 2)2020年3月上旬以降(予定)
  PR-500MI / PR-500KI / RT-500MI / RT-500KI / RS-500MI / RS-500KI

※詳細はNTT東日本、NTT西日本のページをご確認ください。
 NTT東日本:https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/200212_01.html
 NTT西日本:https://www.ntt-west.co.jp//info/support/oshirase20200212.html

 

v6 コネクト.jpg
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ