プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

Hikvisionは新しい世代のAcuSense製品を発売

Hikvisionは新しい世代のAcuSense製品を発売

AsiaNet 82833 (0211)

【杭州(中国)2020年2月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*最新のディープラーニング・アルゴリズムは、製品の誤認アラームの削減能力を98%精度に向上させる

革新的なセキュリティー製品およびソリューションで世界をリードするプロバイダーであるHikvision(ハイクビジョン)は、同社の主力製品AcuSenseの新しい世代を大幅アップデートして発売すると発表した。

HikvisionのInternational Product and Solution Center担当プレジデントであるフランク・チャン氏は「Hikvision AcuSense製品は、インテリジェントなアラームおよびサービスを小企業および住宅の顧客が利用可能にすることを念頭に置いて、2018年に発売された。一言で言えば、AcuSenseテクノロジーは、セキュリティー担当者が重要でない物体ではなく人間と車両のイベントに焦点を合わせることを可能にするため、担当者はより効率的に役割を果たすことでき時間とコストを節約できる一方、ユーザーはいつでも、どこからでもセキュリティーシステムを完全にコントロールすることができる」と語った。

▽向上したアラーム精度
最新のHikvision Acusenseデバイスは、アップグレードされたディープラーニング・アルゴリズムによって設計され、ライブビデオストリームを解析し、それらを「人間」「車両」「その他のイベント」としてラベル付けする。人間および車両とラベル付けされたものは、セキュリティー担当者向けのアラームをトリガーする一方、例えば雨滴、動物、木の葉の動きなどのその他のイベントは根本的に無視される。その結果、誤認アラームが大幅に減少、現時点でその精度は98%に近づいている。このようにして、セキュリティー担当者は本物のセキュリティー問題に集中し、行動を起こせる。さらに、関連ビデオはより容易な検索のためにカテゴリー別に自動分類される。

▽人間/車両の分類による動作検出の強化
動作検出に精通する顧客は、AcuSenseテクノロジーの能力を評価することになる。ユーザー習慣を十分に考慮して、Hikvisionは人間および車両の分類を動作検出と統合するAcuSense製品を設計した。詳述すると、動きを検知すると、このシステムはそれが人間か車両に関連するか否か、アラームを発するか否かを分析する。そして、ユーザーは動作検知機能を起動した際、HikvisionのAcuSenseテクノロジーが提供する同じレベルのアラーム精度を利用できる。

▽閃光灯と双方向音声通話
リアルタイムの抑止が必要な場合、Hikvisionは、閃光灯と聴覚警告を備えるカメラも提供する。アラームが発せられると、直ちに内蔵の閃光灯が光る。同時に、セキュリティー担当者はカメラに内蔵されたスピーカーとマイクロフォンによって、アラームトリガーした人物と通話が可能になり、承認を確認できる。注目すべきは、最新のAcuSenseカメラはさまざまな環境に適合するように事前録音されたカスタマイズされたオーディオトラックもサポートしている。

▽低照度環境でのより高い性能
最新のAcuSenseカメラレンズは、最大F1.4に及ぶ絞り値を装備している。このテクノロジーは、低照度環境での最適化されたイメージ輝度と、より高い性能を得るために、より多くの光がレンズに届くようにする。

▽より大きな検知エリア
これまでのAcuSenseカメラと比較して、この最新世代カメラはモデルによって、10、15、22メートルから、20、25、30メートルまでにターゲット分類距離を延長している。

消費者は、2 MP、4 MP、4K解像度だけでなく、ドーム、タレット、ブレットのハウジングも選択し、特定の設置要件に適合することができる。

最新世代のHikvision AcuSense製品に関する詳細はウェブサイトhttps://www.hikvision.com/en/products/IP-Products/Network-Cameras/Pro-Series-EasyIP-/ を参照。

手間のかからないソリューションについては以下からコンタクトを。
https://www.hikvision.com/en/all-forms/contact-us/

▽Hikvision(ハイクビジョン)について
Hikvisionはセキュリティー製品およびソリューションで世界をリードするプロバイダーである。豊富で高度なスキルを持った研究開発陣を擁するHikvisionは、幅広い分野の垂直市場向けに包括的な製品とソリューションのフルスイートを製造している。Hikvisionは長期的ビジョン達成のためセキュリティー業界に加え、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にその範囲を広げている。Hikvision製品はエンドユーザーに強力なビジネスインテリジェンスも提供する。これにより、より効率的な運用とより大きな商業的成功が可能となる。製品の最高の品質と安全性にコミットするHikvisionは、パートナーがHikvision Cybersecurity Centreを含むHikvisionが提供する多くのサイバーセキュリティーリソースを利用することを奨励している。詳細はwww.hikvision.com を参照。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200211/2716972-1

ソース:Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

写真:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=357403
写真説明:Hikvision AcuSenseのニュースバナー

Hikvision AcuSenseのニュースバナー
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ