プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Innoviz Technologies

Shaanxi Heavy Duty Automobile Co.が中国港湾の自動運転トラックプロジェクトでInnoviz Technologies選定

Shaanxi Heavy Duty Automobile Co.が中国港湾の自動運転トラックプロジェクトでInnoviz Technologies選定

Shaanxi Heavy Duty Automobile Co.が中国港湾の自動運転トラックプロジェクトでInnoviz Technologies を選定

AsiaNet 82848(0205)

【ロシュハーイン(イスラエル)2020年2月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*運転手のいない港湾作業を可能にするInnovizのソリッドステートLiDARで、自動運転車開発の中国有数のリーダーShaanxiが1歩前進

高性能ソリッドステートLiDARセンサー・Perceptionソフトウエアの大手プロバイダーであるInnoviz Technologies(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2717663-1&h=4288151795&u=https%3A%2F%2Finnoviz.tech%2F&a=Innoviz+Technologies )は12日、中国・西安のShaanxi Heavy Duty Automobile Co.(陝西重型汽車有限公司)と協力して、今後予定される中国最大級の港湾プロジェクトに向けて自動運転トラックを配置すると発表した。

中国以外ではShacman Trucksとして知られるShaanxi Heavy Duty Automobile Co. Ltd.は、中国最大のトラックメーカーの1つである。Shaanxiはトラック企業4社で構成され、世界に毎年、新車トラック15万台以上を引き渡している。このうち年1万台は鉱業部門向けである。また、自動運転の研究、開発でも中国有数のリーダーである。

InnovizPro LiDARはプロジェクトの第1段階で、中国港湾におけるShaanxi Truckの自動運転コンセプト実証プロジェクトに利用されるが、Shaanxiの最終目標は最大600台の現場配置である。このコンセプト実証プロジェクトに使われるInnoviz LiDARは、港湾地区の時速30キロ以下の自動運転で、検知、マッピング、位置特定の機能を提供する。LiDARは詳細な地図作成に使われ、LiDARが作るポイントクラウド画像とリアルタイムで比較するソフトウエアも提供、LiDARが生成したプリロード地図によって位置を特定する。これにはリアルタイムの「フリースペース」「運転可能スペース」特定や物体探知が含まれる。

トラック向けの主要業務は、港湾地区におけるコンテナの自動積み降ろしである。Shaanxi TrucksはLiDARの数多くの潜在的ソリューションをテストした後、ソリューションの信頼性と費用対効果から、初のソリッドステートLiDARセンサーであるInnovizProを選定した。これらジオフェンスエリアでは、周囲をよく理解するLiDARの能力を高める再帰反射器など位置センサーの組み込みも可能である。

中国法規は、2020年5月までにカメラとレーダー、ないしLiDARシステムの先進運転支援システム(ADAS)2基以上を全トラックに搭載するよう義務付けている。

センサーフュージョンを担当するプロジェクトのシステムインテグレーター、Xiamen Zhongxinyun Intelligent Co.のディレクターであるシェン・ヨン氏は「私は長年、イスラエルの優れた技術を中国のOEMに紹介しており、Shaanxi Trucksやその他の中国OEMにおけるInnoviz LiDARの将来に心躍らせている」と語った。

Innovizのオマー・ケイラフ最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「Innovizは自動技術をトラック部門に広げる一大好機と捉えている。だから、このプロジェクトを控えてShaanxi Trucksと協力することを楽しみにしている」と語った。

▽Innoviz Technologiesについて
Innovizは、自動車、ドローン、ロボット工学、マッピングなどの産業に視覚をもたらす高性能ソリッドステートLiDARセンサー・Perceptionソフトウエアの大手メーカーで、自動車用InnovizOneや各種産業に視覚をもたらすInnovizPro、および先進AI、機械学習ベースの分類、探知、追跡機能によってハードウエアを補完するPerceptionソフトウエアを提供している。Innovizは、Magna International(マグナ)、サムスン、Aptiv、Magma Venture Partners、Vertex Ventures、SoftBank Ventures Asia、China Merchants Capital (SINO-BLR Industrial Investment Fund, L.P.)、360 Capital Partners(360キャピタル・パートナーズ)、Glory Ventures、Naver、Shenzhen Capital Group、New Alliance Capital、Harel Insurance Investments and Financial Services、Phoenix Insurance Companyなど一流の戦略パートナー、投資家に支えられている。詳細はwww.innoviz.tech を参照。

▽メディア問い合わせ先
Chelsea Lauber
Antenna Group for Innoviz
innoviz@antennagroup.com

ソース:Innoviz Technologies

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ