プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

FALKENが「Porsche 911 GT3R」2台体制で『ニュル24時間』に参戦

2020年2月12日

住友ゴム工業株式会社

FALKENが「Porsche 911 GT3R」2台体制で『ニュル24時間』に参戦
~13年連続でオフィシャルスポンサーとして協賛~

 住友ゴムグループのFalken Tyre Europe GmbH (CEO:黒田豊)は、5月21日~24日にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース『ニュルブルクリンク24時間レース(正式名称:ADAC TOTAL 24-Hour Race)』にFALKENモータースポーツチームとして参戦します。2020年は、4.0ℓ・550馬力のエンジンを搭載した最新仕様の「Porsche 911 GT3R」2台体制で総合優勝を目指します。また、オフィシャルスポンサーとしてFALKENブランドで同レースに協賛し、多くのファンに感動を届けます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002126678-O1-q5YtGP1w
ファルケンカラーの「Porsche 911 GT3R」イメージ

 当社グループは1999年以来、世界一過酷なレースとも言われる『ニュルブルクリンク24時間レース』に、FALKEN モータースポーツチームとして参戦を続けてきました。昨年は各所でクラッシュが多発し、完走すること自体が難しいレース展開が繰り広げられましたが、FALKENタイヤの信頼できる性能を軸にチームが一丸となってパフォーマンスを発揮したことにより、160台ものエントリー中同チームの2台は総合5位と総合20位を記録し、ともに完走を果たしました。
 本年は、同コースで開催される『ニュルブルクリンク耐久シリーズ(正式名称:Nürburgring Endurance Series)』への参戦を皮切りに、万全な体制で『ニュルブルクリンク24時間レース』に臨み、総合優勝を目指します。このレースで得たノウハウを基にFALKENタイヤのさらなる品質向上に繋げていきます。

■ニュルブルクリンク24時間レース
自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクで行われる24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コースと、F1も開催された近代的なGPコースをつなげた1周約25㎞のフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ