プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DHC

大連華信グループがおきなわ国際IT見本市に出展

大連華信グループがおきなわ国際IT見本市に出展

AsiaNet 82799

【沖縄2020年2月7日PR Newswire】 2月5~6日、日本おきなわ国際IT見本市が開催されました。出展規模がもっとも大きい海外企業として、大連華信グループは沖縄現地法人の株式会社沖縄ハイシンク(OHC)と連携して、沖縄地区の市場特徴に合わせて、スマート観光、スマート民泊、スマートお酒販売、スマート医療、医療と介護一体化、養老クラウド、スマート製造といったソリューション、及びSalesforceを出展しました。デジタル技術とサービスを介して中国と日本沖縄市場を繋ぎ、全方位で大連華信のデジタルソリューションを展示しました。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200207/2714307-1
(写真説明: 大連華信グループがおきなわ国際IT見本市に出展)

おきなわ国際IT見本市は、沖縄旅行業と情報通信業の活気を発展駆動力に、地域経済の振興を目指して、旅行業、農業、漁業、小売、食品と飲料、製造業と医療保険領域において、IT技術によって業界のイノベーションを促し、グローバル範囲にてResorTech という沖縄ブランドを展開します。展示会には8カ国から130数社の企業が出展、入場者数は約8,800人に達しました。

大連華信グループが初めて展示したスマート観光、スマート民泊ソリューションは沖縄地区の民泊業者、旅行コンサル様などに注目されました。

中国での成功事例及び日本旅行管理規定の要求を取り入れたスマート観光ソリューションはIoT及びプラットフォーム技術を活用し観光地に対する多次元管理を実現して、運営業者のパークの科学的管理、経営状況の把握、データ分析と精確なマーケティング、観光客のマルチメディアの交流などプラットフォーム一体化管理を実現しました。

また、大連華信グループのスマート民泊ソリューションは、民泊業の発展ピークに応じて、日本及び海外の各OTAプラットフォームと接続して、内容のリアルタイム更新及び多言語での発布を行い、民泊運営業者営業と宿泊者情報登録、安全管理等を支援します。

上述二つのソリューション以外に、大連華信グループが展示した「スマートお酒販売ソリューション」、「医療と介護一体化」、「養老クラウド」、「スマート製造」等のソリューションが沖縄企業様の関心を持たれました。

日本向けビジネス24年間の経験を有するIT企業として、大連華信グループは当該展示を通じて中日市場の融合、より広い範囲でのデジタル技術応用の促進を期待しています。自分自身の技術事例を活用し、東京、京都、沖縄地区オンサイトサービスとニアショアサービス能力を活かして、より多くの日本顧客のDX実現にエンパワーメントします。

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=357234
(写真説明: 大連華信グループがおきなわ国際IT見本市に出展)

(日本語リリース:クライアント提供)

大連華信グループがおきなわ国際IT見本市に出展
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ