プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社フリーデン

やまと豚のフリーデンが「第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020」に出展

2020年2月10日

株式会社フリーデン

養豚業における6次産業化を推進するフリーデンが
「第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020」に出展。
創業60周年の節目に「持続可能な社会実現に向けての取り組み」と
「やまと豚」を使った新商品などをご紹介します。
2020年2月12日(水)~14日(金) 幕張メッセ

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する株式会社フリーデン(本社:神奈川県平塚市/代表取締役社長 森 延孝)は、2020年2月12日から14日まで、幕張メッセで開催される「第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020」に出展します。同イベントは、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に、最新情報を発信する大規模展示会です。

 今回は「Japanesefarm to table!」のテーマとともに、わが国の企業養豚のパイオニアとして60年の歩みを振り返るとともに、現在、地球規模での推進が求められているSDGs(持続可能な開発のための国際目標)への取り組みや、さまざまな新商品の紹介などを中心に展示します。

当社の「やまと豚」は、厳しい血統管理を行なってブランドを確立。農林水産省が推奨する「JGAP認証」や「農場HACCP認証」を取得した自社農場で、極めて厳格な衛生管理を行い生産していることから、食の安全・安心を重んじるスーパーや精肉店、飲食店と、その顧客の消費者から高い評価を得ています。

「やまと豚」を使った商品群の中でも、今回は「ほそびきタイプ」の軽い食感で、子どもからシニアまで安心して食べられる「毎日食べたいウインナー」を新商品として前面に打ち出し、試食コーナーと合わせて展開します。

【「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」出展概要】

■新商品・試食コーナー
「毎日食べたいウインナー」を中心とした試食と展示
■60周年コーナー
 「日本の豚とともに60年」をテーマに、フリーデンの歩みを紹介
■フリーデンの企業活動紹介コーナー
 「JGAP認証」「農場HACCP認証」を中心とした安全・安心への取り組み
 6次産業化とSDGsへの取り組み
■「やまと豚」の精肉コーナー
 厚切りステーキ&赤身肉の商品化提案
■「やまと豚」の加工品コーナー
 ハム・ソーセージや「味付け肉」の紹介

【「第54回 スーパーマーケット・トレードショー2020」開催概要】
開催期間:2020年2月12日(水)~14日(金) 10:00~17:00(最終日は16:00)
開催場所:幕張メッセ 当社ブース:3-403

60周年ゲートを設けたフリーデンブースの外観イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ