プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オークネット

オークネット総合研究所 ~花の購入に関する消費者意識調査~

2020年2月5日

株式会社オークネット

オークネット総合研究所 消費者アンケート 結果レポート
~花の購入に関する消費者意識調査~

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL:http://www.aucnet.co.jp/)は、「花の購入に関する消費者意識調査」と題したアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果についてご報告致します。

1.アンケート結果概要
■花を購入する機会は前回調査と比べ6%低下している。
過去1年間で花を買う機会があったとの回答は62%であり、2018年の前回調査時は68%の回答であったため6ポイント低下した。特に40才代が55%と低い結果であった。

■月1回以上花を購入している回答は前回調査と比べ大きく減っている。
月1回以上花を購入している回答は2014年に32%であったが、2018年には25%、今回調査では17%と購入頻度が大きく低下している。

■花の購入先については「花屋、園芸店などの専門店」での購入が減少し、「ホームセンター」での購入が増えている。
前回調査に比べ「花屋、園芸店などの専門店」での購入は11%減少している。逆にホームセンターでの購入は、前回調査に比べ6%増加している。またプレゼント用では「花屋、園芸店などの専門店」に次いで「インターネットでの購入が」11%となっている。

■女性の51%は花のプレゼントを希望している。
男性がバレンタインデーに花をプレゼントしたいと考えるのは30%だが、女性の51%は花をプレゼントされたいと考えている。バレンタインデーに男性から女性にお花を贈るというフラワーバレンタインの認知度が高まれば、バレンタインデーに男性が女性に花を贈るということが定着すると思われる。

2.実施概要
調査方法  インターネット上から回答
調査期間 2020年1月16日(木)~2020年1月27日(月)
回答数     1,652人
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316322-O1-yRj95Ie1

3.アンケート結果レポート

オークネット総合研究所では、「花の購入に関する消費者意識調査」を実施した。

□まず「過去1年で、花を買った機会について」の設問に対し、今回は62%と前回調査時の68%に比べ6ポイント低下している。特に40才代の購入機会が他の年齢層に比べ低い結果となった。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316322-O2-eRTEy3br

□次に購入頻度を確認したところ、過去調査に比べ月1回以上の購入が減っており、年1回程度の購入が増加している。月1回以上花を購入している回答は2014年に32%であったが、2018年には25%、今回調査では17%と購入頻度が大きく減少している。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316322-O3-MpCNZHU6

□次に花の購入先について確認したところ前回調査に比べ「花屋、園芸店などの専門店」での購入は11%減少している。逆にホームセンターでの購入は、前回調査に比べ6%増加している。またプレゼント用では「花屋、園芸店などの専門店」についで「インターネットでの購入が」11%となっている。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316322-O4-7N36yeVq

□男性がバレンタインデーに花をプレゼントしたいと考えるのは30%だが、女性の51%は花をプレゼントされたいと考えている。フラワーバレンタインの認知度が高まれば、バレンタインデーに男性が女性に花を贈るということが定着すると思われる。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316322-O5-ZC10Q2jF

アンケート結果詳細はこちら

<オークネット総合研究所 概要>
 当総合研究所は、1985年に世界初の中古車TVオークション事業をスタートし、以来30年にわたりオークションを主軸とした情報流通サービスを提供するオークネットグループが運営。これまで培った実績とネットワークを活用し、専門性、信頼性の高い情報を発信することで、更なる業界発展に寄与することを目指しています。

所在地:〒107‐8349東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
理事長:佐藤 俊司
U R L:http://www.aucnet.co.jp/aucnet-reseach/

5枚目
1枚目
2枚目
3枚目
4枚目
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ