プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEが新型コロナウイルス関連肺炎の中国初の5G遠隔診断実現でChina Telecomを支援

ZTEが新型コロナウイルス関連肺炎の中国初の5G遠隔診断実現でChina Telecomを支援

AsiaNet 82753 (0172)

【深セン(中国)2020年2月4日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジーソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)と、China Telecom(中国電信)四川支社は4日、最新の5Gテクノロジーによる新型コロナウイルス関連肺炎の中国初の5G遠隔診断を可能にした。高帯域と低レイテンシーを備える5Gは、診断と治療をより効率的かつ便利にする。5G遠隔診断は、West China Hospitalと四川大学のChengdu Public Health Clinic Centerが含まれる。

現場の状況に応じて、ZTEは同社のCPE装置を使用して、屋外5Gシグナルによる5Gサービスを開始するとともに、屋内カバレッジポイントも構築した。1月25日、5G屋内基地局が構築されて相互接続が可能となり、West China Hospitalにある遠隔診断・治療向けの会議室が遠隔診断・治療システムに初めて接続された。

1月26日、ZTEは遠隔・診断システムのもう1つのコアポイントで、5G屋内配信システムの迅速な建設、最適化、速度試験、試運転を完了した、5Gネットワークが試運転を開始されると、四川省衛生局、West China Hospital、Chengdu Public Health Clinic Centerは遠隔ビデオ診察を行った。

四川省衛生局の業務取り決めに従い、この5G遠隔診察システムは四川大学のWest China Hospitalを中央ノードとし、患者を受け入れ治療している27の病院にアクセスできる最初のネットワークになる。次のステップとして、ZTEは四川省、都市、県部の3つのレベルを対象とする中国初の5G遠隔診断コロナウイルス関連感染システムを構築し、武漢を支援する最前線病院で遠隔診断のための「統合ネットワーク」を提供する。ZTEは将来、5Gネットワークを通じて武漢の最前線医療救援チームを結ぶビデオ診察を実施、これによって武漢の重症患者はWest China Hospitalで専門的な診断・治療を受けることが可能となる。

ZTEは、高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズテクノロジーソリューションを消費者、オペレーター、企業、公共セクターの顧客に提供するプロバイダーである。ZTEの戦略の一環として、同社は通信と情報技術のセクターが融合するのに伴い、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、卓越性と価値を生み出している。香港および深センの証券取引所に上場(H株コード:0763.HK/A株コード:000063.SZ)するZTEは、160カ国以上で製品とサービスを提供している。

ZTEはこれまでに欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA)の主要市場で35件の商用5G契約を締結した。ZTEは同社の年間収益の10%を研究開発に投じ、国際標準設定組織の中でリーダー的な役割を果たしている。

ソース:ZTE Corporation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ