プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

QNB Group

QNBは引き続き中東・アフリカのトップ銀行ブランドであり、その価値は60億2800万米ドルに

QNBは引き続き中東・アフリカのトップ銀行ブランドであり、その価値は60億2800万米ドルに

AsiaNet 82745(0171)

【ドーハ(カタール)2020年2月3日PR Newswire=共同通信JBN】最新のBrand Finance Global 500リポートによると、中東・アフリカ(MEA)最大の金融機関であるQNB Groupは、銀行ブランド・リスト上位500の中で引き続きMEA地域で最も価値の高いブランドであり、グローバルブランド上位500の中で主導的地位を確立している。

QNB Groupは60億2800万米ドルのブランド価値を有し、昨年に比べほぼ20%増加している。QNBのBrand Strength Index(ブランド力指数、BSI)も、同グループの強力な財務実績と国際拠点の拡大により、2019年の79から82(最高値は100)へと上昇し続けている。

世界的なランキングに関しては、QNBのブランドはそのリーダーシップを維持し、グローバルブランド上位500の中で405位から63上昇して342位となった。同時に、世界の銀行ブランド上位500の中では2019年の61位から52位に上昇している。

QNB GroupのブランドはMEAにおいて引き続き市場支配的な地位にあり、そのAAA-/ポジティブのブランド力格付けを再確認しており、カタールで最も高い格付けのブランドにもなっている。

2019年には、QNB Groupの純利益が前年に比べ4%増の39億米ドルに達する一方で、総資産は2018年12月より10%増の2590億米ドルに上り、QNBグループ史上最高の業績の1つとなった。

QNB Group Communicationsのゼネラルマネジャー、ユセフ・アリ・ダルウィッシュ氏は「われわれが2019年に着手した集中的な取り組みと戦略的なイニシアティブにより、われわれはブランド力を向上させ、MEA地域における主導的地位を維持することができた」と語った。

「われわれの優秀な従業員は、QNBの価値を具体化し、適切な時に適切な場所で適切なソリューションとサービスを提供することで顧客の期待を上回る仕事をし、顧客の多様な金融ニーズに応えるというわれわれのコミットメントを反映させている」

ダルウィッシュ氏は「今年のブランド価値と財務実績の目覚ましい改善によって、われわれは、2020年に中東・アフリカ・東南アジア(MEASEA)のリーディングバンクに、2030年までにグローバルアイコンになるという当社のビジョンを支えるため、東南アジアで引き続き成長を推進する強力な立場に置かれた」と付け加えた。

ブランドファイナンス(Brand Finance)のデービッド・ヘーグ最高経営責任者(CEO)は、自分の立場として「地域最大の金融会社としてのQatar National Bankは、最も近い競合他社よりも約50%高いブランド価値を記録しており、競合他社に対する明確なリードによって賞賛されるに値する。QNBのブランド価値は2018年以降、毎年20%上昇し、特に東南アジアに戦略的な焦点を当てながらポートフォリオを拡大して新たな市場を追い求めてきた。Brand QNBは2020年のBrand Finance Banking 500の中でランクを上昇させており、われわれは同ブランドをモニターすることを楽しみにしている」と語った。

世界をリードするブランド評価・戦略のコンサルタント会社であるブランドファイナンスは、フィナンシャル・タイムズの雑誌The Bankerとの協力で毎年発表される世界の大手銀行の成績表であるBrand Finance Banking 500の提供会社である。

それぞれのブランドは、競合他社との比較によるブランドの力、リスク、将来の可能性のベンチマーク調査、企業の財務体質・決済の集約尺度に基づいて格付けされる。

子会社および関連会社を通じたQNB Groupのプレゼンスは、3大陸の31カ国以上に及び、広範囲にわたる先進的な製品・サービスを提供している。従業員総数は2万9000人以上で、1100カ所で活動しており、ATMネットワークは4300台以上に上っている。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1085276/QNB_Group_HQ.jpg

ソース:QNB Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ