プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

シスコとドコモ、クラウド型の電話システムにおける協業を開始

2020年2月3日

株式会社NTTドコモ
シスコシステムズ合同会社

シスコとドコモ、クラウド型の電話システムにおける協業を開始
~「Cisco Webex Calling」とドコモのクラウド型電話ソリューションの連携により、多様な働き方の実現を支援~

 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘、以下、ドコモ)とシスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、本社:東京都港区、以下、シスコ)は、お客さまの働き方改革の推進支援を目的にクラウド型の電話システムにおける協業を開始しました。
 ドコモは、シスコのクラウドサービスである「Cisco Webex® Calling」、および固定電話や内線電話などの従来の電話システムと「Cisco Webex Calling」を接続させることができるドコモのクラウド型電話ソリューションを、法人のお客さま向けに2020年3月2日(月)より提供開始いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001316314-O1-2iTT5DtO

 「Cisco Webex Calling」は、クラウド型の電話交換機(PBX)機能を提供するもので、電話によるコミュニケーションに加え、Webex Teams、Webex Meetingsが提供するチャット、Web会議などと連携することにより、単一のユーザインタフェースで電話、チャット、Web会議、ファイル共有が可能になるサービスです。
 本協業により、「Cisco Webex Calling」とドコモのクラウド型電話ソリューションの連携が可能となり、お客さまが現在ご利用中の従来の電話システムと「Cisco Webex Calling」の音声通話サービスの接続ができるようになるため、お客さまは専用アプリをインストールするだけで、在宅勤務やリモートワーク先でも、会社の固定電話番号※(0AB~J番号)を用いた発着信ができるようになります。これにより、場所を選ぶことなく自宅や出張先からでも、PCやスマートフォン、タブレットから会社の固定電話番号を利用した発着信などがより簡易になり、在宅やリモートオフィス勤務といった多様な勤務形態の導入、働き方改革を通じた生産性の向上が期待できます。また、お客さまは、ご利用中の電話設備を継続利用しながら、並行して「Cisco Webex Calling」を導入して検証いただくことが可能なため、順次ご利用中の電話設備からリプレイスしていくことで、リスクを最小限に抑えた電話システムのクラウド化が実現できます。

 株式会社NTTドコモ 法人ビジネス戦略部 部長 本高 祥一は次のように述べています。
「新たにCisco Webex製品(Calling/Teams/Meetings)が提供ラインナップに加わったことを歓迎いたします。ドコモは働き方改革ソリューションに注力しており、Webex製品と組み合わせることによって新たな価値を提供できることを期待しております。」 

 シスコシステムズ合同会社 副社長 情報通信産業事業統括 中川 いち朗は次のように述べています。
「働き方改革の推進に向けて、ドコモの提供するクラウド型電話ソリューションとCisco Webex Callingの連携強化を図り、日本の企業や組織の生産性向上に貢献する新たなプラットフォームを提供できることを大変嬉しく思います。両社の強みを合わせて、多様化するお客さまのニーズに最適なソリューション提供を図ってまいります。」

 今後もドコモとシスコは、「Cisco Webex Calling」やドコモの提供するクラウド型電話ソリューション、および自社の「働き方改革」で培ってきた実践ノウハウを利用して、さまざまな業種・業態における「働きやすさ」をお客さまにご提案し、さらなるお客さまの働き方改革に貢献してまいります。

※ 東京03、大阪06、名古屋052などから始まる固定電話サービスをさします。
* 「Cisco Webex」は、シスコが提供するサービスの名称およびシスコの登録商標です。     

別紙
「Cisco Webex Calling」と連携するクラウド型電話ソリューション概要

1.概要
 「Cisco Webex Calling」は、中堅・中小企業向けに最適化されたクラウドベースの電話システムです。グローバルで展開されているセキュアで高品質なWebexクラウドプラットフォームを利用し、お客さまが電話システムを利用する上で必要となる多彩な機能を備えています。
 ドコモが提供するクラウド型電話ソリューションは、お客さまが現在ご利用中の従来の電話システムと「Cisco Webex Calling」の音声通話サービスを接続し、2つの音声通話環境間での相互通話をスムーズに対応可能とするソリューションです。

2.特長
(1)いつでもどこでも多様な働き方を実現
 アプリケーションをインストールするだけで、どこにいてもPCやスマートフォン、タブレットから固定電話番号での外線通話、内線通話 (PBX機能) が利用可能になるため、場所にとらわれずにオフィスと同じように業務を継続できます。専用のポータルサイトからお客さま自身で転送や自動アナウンスなどの設定ができ、即時にシステム反映されます。

(2)電話システムのクラウド化に段階的に移行可能
 お客さまは、ご利用中の電話設備を継続利用しながら、並行して「Cisco Webex Calling」を導入して検証いただくことが可能なため、段階的にクラウドクラウド環境に電話システムを移行することが可能です。「Cisco Webex Calling」の有用性を検証しながら、リスクを最小限に抑えた電話システムのクラウド化が実現できます。

3.提供開始日
2020年3月2日(月)

4.提供料金
 個別見積もり

5.お問い合わせ窓口
 ドコモ法人営業担当

    

サービスイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ