プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cint

Cintが次の成長段階に踏み出すための新たなブランドアイデンティティーを発表

Cintが次の成長段階に踏み出すための新たなブランドアイデンティティーを発表

AsiaNet 82707 (0153)

【ストックホルム2020年2月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*新たなブランディングは、このハイテク企業のイノベーションへのコミットメントを具現化し、市場調査業界でのデジタル変革の加速を約束

世界で最も成功を収めているインサイト企業のテクノロジーバックボーンであるCint(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2706777-1&h=2445806692&u=http%3A%2F%2Fwww.cint.com%2F&a=Cint )は3日、www.cint.com で新たなコーポレートブランド・アイデンティティーを明らかにした。同社の将来のビジョンの一環であるこの新ブランドは、昨年8月のサンプルテクノロジー企業、P2Sample買収後も、Cintが前向きな姿勢を保ち続けていることを表している。

Video – https://www.youtube.com/watch?v=wNt9EM6d-fE
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1084309/Cint_Logo_Logo.jpg

Cintのトム・ブールマン最高経営責任者(CEO)は「当社はこの数カ月間、顧客とパートナーにより迅速で、より費用対効果が高く、大規模なインサイトを収集できるクラス最高の、将来を見据えたソリューションをもたらす自動プラットフォームを提供するというコミットメントを確固たるものにしてきた。当社は、昨年のP2Sample買収でこの目標に向けて大きな一歩を踏み出した。新ブランドは、顧客が市場調査でのビジネスのやり方を変える手助けをするという当社の変わらぬ使命を反映している」と語った。

大胆でモダンなロゴと「インサイトを加速する」という新たなキャッチフレーズが盛り込まれたCintの新ブランドは、企業が重要なビジネス上の意思決定をするには正確な消費者インサイトに素早くアクセスする必要があるという理解がベースとなっている。新ブランドは、オーディエンス・インサイトのバイヤー向けの初のサンプル交換・グローバル市場としてのCintのインサイト業界における強力な伝統の上に築かれている。Cintは、普遍的かつ信頼性の高いソリューションを提供することで、自動化テクノロジーの賢明な使用を通じて、人々が調査プロセスの非効率性を解消する手助けをしている。

新たなブランドづくりは、急速に拡大するグローバルフットプリント全体でイノベーションに対するCintのコミットメントをより良く表現することが狙いだった。同社は創業以来、前年比で驚くほどの成長率を経験、現在、許可ベースで1億人以上のプロファイル可能な消費者のグローバル・オーディエンス・リーチを有しており、Cintは世界最大のサンプル交換プラットフォームとなっている。同社は40以上の国籍の300人を雇用しており、2020年にはスタッフの大幅増員、ニューヨークとロンドンのオフィスの拡張、3月にはシンガポールの新オフィス開設が計画されている。

今週、アトランタで開かれる消費者インサイト・コミュニティー向けの学習、ナレッジ、ベストプラクティス共有のための毎年恒例のイベント、SampleConショーの参加者は、会議参加者バッグなどに付けられた新ブランドを目にすることになる。

▽Cintについて
Cintは、世界で最も成功を収めているインサイト企業のテクノロジーバックボーンである。Cintのプラットフォームは、サンプル・フィールドワークと運用を自動化し、企業がインサイトをより迅速、よりコスト効率良く、大規模に収集できるようにしている。Kantar、Zappi、GfK、Survey Monkeyなど2000以上の調査会社、代理店、ブランドがCintを利用し、インサイトの収集方法を変え、市場での競争力を高めている。Cintは、ロンドン、ニューヨーク、ストックホルム、ロサンゼルス、アトランタ、バルセロナ、東京、シドニーを含む16のグローバルオフィスに急拡大を続けるチームを擁している。(www.cint.com )

▽メディア関係問い合わせ先
Shawn Cabral
shawn.cabral@cint.com
+44 20 3514 2100

ソース:Cint

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ