プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

UAE Water Aid Foundation (Suqia)

第2回ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム世界水大賞において8カ国より10名の受賞者を表彰

第2回ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム世界水大賞において8カ国より10名の受賞者を表彰

AsiaNet 82711

ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム閣下、第2回ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム世界水大賞において8カ国より10名の受賞者を表彰したとアラブ首長国連邦の水支援財団が発表

【ドバイ、アラブ首長国連邦、2020年1月30日、PRNewswire】ドバイメディア委員会の会長を務めるムハンマド・ビン・ラシド・マクトム閣下が、第2回ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム世界水大賞において10名の勝者を表彰しました。この賞は水の枯渇に対して、太陽光を利用した持続可能かつ革新的なソリューションを提供する研究機関や研究者を称えることを目的として、ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム閣下が設立したものです。アラブ首長国連邦の水支援を行う財団Suqiaが、ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム世界イニシアチブの傘下機関としてこの賞を主催しています。この賞には革新的企画賞、革新的研究開発賞、そして革新的個人賞という3つの主なカテゴリーがあります。

今回の表彰式にはアラブ首長国連邦の多くの大臣らや政府各部門のトップ、大使、総領事、著名人、公的・民間セクターや国内・国外大学そして研究機関からの代表者、国立大学や海外の大学からの学生らなどが出席しました。世界各地からの受賞者が、先進的なアイディアや企画を発表して盛大な賛辞を受けました。

革新的企画賞の小規模企画部門では、アメリカのギブパワー財団が海水を淡水化するウォーターファームを発表し1位となりました。ドイツのボレアル・ライトは水キオスクプロジェクトを発表し、2位でした。アラブ首長国連邦のインターナショナル・ビジネス・ベンチャーズはアメリカのゼロ・マス・ウォーターと提携し、プラチナム・ヘリテージ(PH)ソース・オアシスプロジェクトを発表して3位になりました。

国内機関に対する革新的研究開発賞では、アラブ首長国連邦のカリファ大学が、蒸留器と重力を利用した太陽光加熱器を併用することで水を低コストで淡水化するプロジェクトを発表して優勝しました。

国外機関においては、シンガポールのリキネックスグループが小型浄水システムを発表して1位でした。チリのプラズマ・ウォーターズはイノベーション・ウィズ・パーパス(目的を持った革新)プロジェクトを称えられ2位となりました。ガーナのプロジェクト・マジは、太陽光を利用したキオスクプロジェクトで3位でした。

青年部門における革新的個人賞はドイツからマランボ飲用水プロジェクトを発表したジャン・レイデル氏と、24時間太陽光を使って水を淡水化するプロジェクトを発表したモハメッド・ワキル・シャーザッド氏に合同で贈られました。

動画 – https://mma.prnewswire.com/media/1084147/2nd_Mohammed_bin_Rashid_Al_Maktoum_Global_Water_Award.mp4
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1083706/UAE_Water_Aid_Foundation_Suqia.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1083707/UAE_Water_Aid_Foundation_Suqia_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ