プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人千葉学園千葉商科大学

自然エネルギー100%大学の実現に向けた取り組み 国内外で環境に関する3つの賞を受賞

2020年1月30日

千葉商科大学

自然エネルギー100%大学の実現に向けた取り組み
国内外で環境に関する3つの賞を受賞

千葉商科大学(学長:原科幸彦)の自然エネルギー100%大学をめざす取り組みが評価され、国内外の環境問題対策に関する3つの賞を受賞しました。

【受賞履歴】

●地球温暖化防止活動環境大臣表彰(2019年12月)
環境省が1998年度から地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体に対し、その功績をたたえる表彰。本学は、「環境教育活動部門」で受賞。本部門への59件の応募のうち10件が受賞した。

●2019年度省エネ大賞(2019年12月)
一般財団法人省エネルギーセンターが、経済産業省の後援を受け2011年から主催。省エネルギー意識、活動および取組みの浸透、省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的としている。本学は、省エネ事例部門の「審査委員会特別賞」を受賞。教育機関として唯一の受賞となった。

●Asia-Pacific Triple E Awards「Green University of the Year」(2020年1月)
ACEEU※ (Accreditation Council for Entrepreneurial and Engaged Universities)が、持続可能な社会をめざす活動や起業家精神の育成、福祉活動において成果を上げた、アジア太平洋地域の高等教育機関や個人をたたえる表彰。本年度初開催。全300件以上の応募のうち、17カ国60件がノミネート、12件が各賞を受賞した。本学は環境保護のための取り組みが評価され本賞を受賞した。 ※2016年設立。大学における起業家精神の育成を促進するための評議会。

◆本学の環境・エネルギーへの取組み
https://www.cuc.ac.jp/about_cuc/activity/environment

本学は、2017年11月にメガソーラー野田発電所を中心とした本学所有の太陽光発電設備での発電量(FIT売電と自家消費)と、本学の消費エネルギーの総量を同量にする環境目標を宣言しました。2019年1月には発電量が消費電力量を上回り、電力生産での自然エネルギー率100%を達成しました。2020年度には、ガスを含めたすべての消費エネルギーに相当する発電を行うことを第2の目標に掲げています。また、本学の主要キャンパスで使用する電力も、2019年8月からすべて再生可能エネルギーへ切り替えました。これらは、SDGsの目標達成にも貢献するとして、全学で取り組んでいます。

メガソーラー野田発電所
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ