プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

「モビリティEMC支援室」開設

2020年1月30日

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

「モビリティEMC支援室」開設
~車載機器向けのEMC支援を強化~

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)では、自動車搭載電子機器(車載機器)向けのEMC支援を強化するため、「モビリティEMC支援室」を2020年2月21日、多摩テクノプラザEMCサイト(昭島市東町3-6-1)に開設します。

【概要】
多摩テクノプラザでは、自動車搭載電子機器(車載機器)を対象としたEMC試験を2019年6 月から開始しました。2020年2月までに各種機器の追加整備が完了し、これに伴い2月21日(金)に、さまざまな国際規格のEMC試験に対応可能な「モビリティEMC支援室」を開設します。
CISPR 25やISO 11452などの国際規格に対応したEMC試験により、中小企業の車載機器開発をサポートします。

【対応規格(車載機器)】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001276058-O1-4Fs2Zw73
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001276058-O2-g0nZ5Yv0
※EMC試験とは: 電子機器が発する電磁妨害波が他の機器の通信を妨害しないか、電子機器が電磁妨害を受けても誤動作しないかなど、EMC(electromagnetic compatibility:電磁両立性)について評価する試験です。

【記念セミナー申し込み受付中】
モビリティEMC支援室の開設を記念し、2020年2月21日(金)13:00より「車載EMCセミナー」(多摩テクノフェア「ビジネスデー」同時開催、参加無料、定員70名)を開催します。お申し込みと詳細については、都産技研ウェブサイト(https://www.iri-tokyo.jp/site/tama/tb2020.html)をご覧ください。

対応規格(車載機器)
装置
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ