プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

教育支援財団(ERF:The Education Relief Foundation)

ジブチで開催のバランスの取れたインクルーシブ教育に関する国際サミットが新たな教育的連携組織設立で閉幕

ジブチで開催のバランスの取れたインクルーシブ教育に関する国際サミットが新たな教育的連携組織設立で閉幕

AsiaNet 82700

ジブチ市(ジブチ)、2020年1月30日/PRニュースワイヤー/ —
第3回フォーラムBIE 2030(III ForumBIE 2030)閉会式において38の政府、市民社会団体、学術団体が初めて「バランスの取れたインクルーシブ教育の国際宣言(UDBIE :Universal Declaration of Balanced and Inclusive Education)」に署名しました。また、UDBIEの要望とコミットメント達成を目標として、政府や市民社会団体など30の加盟団体は、連携によって教育改革のための技術・資金協力と支援を行う国際組織のプラットフォームとメカニズムを作る、南半球の開発途上国から成る教育的連携組織(OEC:Organisation of Educational Cooperation)の新設に合意しました。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:https://www.multivu.com/players/uk/8683651-new-organisation-educational-cooperation/

OECの総会は1国1票の民主主義に基づいて機能し、支援で恩恵を受ける加盟国に対して責任を負い、市民社会と学術団体を制限付きの権利を有する準加盟団体とします。

OECは完全所有の金融子会社を有し、総会での説明責任があり、教育改革支援のために倫理的かつ持続可能な資金調達することが許されます。加盟国で構造的に社会的・生態学的に責任あるプロジェクトへの投資を目的としたこの子会社は、ゆくゆくは組織の運営に完全出資し、連携によってOECが加盟国の教育システムを支援できるよう資金を提供します。

OECは合理的でスリム化された構造で作られ、効率的・体系的な介入という戦略に沿っており、教育がUDBIEのコミットメントで求めるコミュニティー、社会、国の発展に役立つようにします。

OECの初代事務局長は準備委員会の設置と統括の任を負って選ばれており、準備委員会は10か国以上の設立国が批准して「組織制定憲章(Constitutive Charter of the Organisation)」が発効するまでOECの下地を作ります。制定憲章の発行で、総会が開催されます。

UDBIEの全加盟団体は、バランスの取れたインクルーシブ教育に関して異文化主義(Intraculturalism)、学際性(Transdisciplinarity)、弁証主義(Dialecticism)、文脈性(Contextuality)という4つの柱を掲げています:https://educationrelief.org/wp-content/uploads/2019/10/ERF-GlobalGuide.pdf 。住民の実態に合わせたニーズ、国の優先課題、持続可能な開発の責務に基づき、自国の教育システム内でOECの横断的な支援の下にこれらの原則を適用することに努めます。

教育支援財団(ERF:The Education Relief Foundation)は、ジュネーブに本部を置き、政策の策定、能力開発、市民組織の活動参画などを通じてバランスの取れたインクルーシブな教育を充実させ、推進し、定着させることを目的とした非営利民間組織です。

フォーラムBIE 2030(https://forumbie2030.org/ )のカンファレンスは、2017年12月にスイス ジュネーブの国連で第1回フォーラムBIE2030が開催されたときに始まりました。2018年11月にメキシコシティーで開催された第2回フォーラムBIE 2030では「バランスの取れたインクルーシブ教育における倫理、方針、政策と実務のグローバルガイド(Global Guide of Ethics, Principles, Policies, and Practices in Balanced and Inclusive Education:https://educationrelief.org/wp-content/uploads/2019/10/ERF-GlobalGuide.pdf )」が発表され、「バランスの取れたインクルーシブ教育への国際宣言(Universal Declaration of Balanced and Inclusive Education)」に向けた準備を呼びかける「バランスの取れたインクルーシブ教育への国際要請書(International Call for Balanced and Inclusive Education:https://educationrelief.org/wp-content/uploads/2019/10/ERF-GlobalGuide.pdf )」の仮調印が行われました。

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1029418/ERF_Logo.jpg   

詳細は、下記までお問い合わせください:
Etienne Lacombe-Kishibe、メディアと広報担当
電子メール: e.kishibe@educationrelief.org | 電話: 0041 22 920 0859 | 携帯電話: 0041 79 864 2692

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ