プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Inclusive Technology

Inclusive Technologyが世界初のiPad Pro用アイトラッカー、Skyleを発売

Inclusive Technologyが世界初のiPad Pro用アイトラッカー、Skyleを発売

AsiaNet 82684 (0149)

【オールダム(英国)2020年1月29日PR Newswire=共同通信JBN】Skyleは世界初のiPad Pro用のアイトラッカーであり、複雑なアクセスとコミュニケーションを必要とする人々に最適だ。iPadとEye Gazeという2つの主要な学習ツールを組み合わせることで、市場で最も柔軟なAACデバイスにすることを保証する。

アイトラッキング(視線追跡)技術を使用すると、ユーザーはさまざまなiPadアプリを使うことで自分のiPad Proを利用することができ、アクセス、コミュニケーション、環境制御、全体的な独立性の機会が向上する。

コミュニケーション

Skyleは、Augmentative and Alternative Communication(AAC、補助代替コミュニケーション)の優れた新しい方法だ。アイトラッキングを使用することで、ユーザーはProloquo2Go、GoTalk NOW、TouchChatなどのAACアプリにアクセスして自分を表現できるようになった。さらに、Skyleの反射防止コーティング、取付板内蔵の保護ケース、軽量設計などの機能により、どこにいても通信できる柔軟性が確保されている。

環境制御

Skyleは、家庭や学校の電化製品の制御を可能にすることで、ホームハブとして機能する。 EnvirONなどの環境制御アプリをダウンロードすれば、ユーザーは互換性のあるさまざまな電化製品をiPadから制御できる。これには、テレビや音楽システムなどの赤外線製品、電源制御ランプ、ファン、台所家電、ドアや窓の開閉装置などが含まれる。

独立性

Skyleは、Apple App Storeの力を市場開放したことで単なるAACメソッドを超えて、助けを借りることなく視線だけでアクセスできるオプションを備えた数百万のiOSアプリの選択を可能にした。つまり、Skyleのユーザーは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアツール、WhatsAppなどのメッセージングアプリを使用して友人や家族と通信し、FaceTimeやSkypeなどのアプリを使用してビデオ通話を行うことができるようになる。Skyleはまた、視線だけで、ビデオを視聴したり、ウェブを閲覧したり、ゲームで遊んだりするなど、さまざまな機会を提供する。

Skyleは、新しいコミュニケーションの方法を開発し、独立性の向上で力づけることで、無数の個人が世界と交流する方法に革命を起こす可能性がある。

Skyleについての詳細は、http://bit.ly/2vspf7F を参照。

▽Inclusive Technologyについて
Inclusive Technologyは特別支援教育のニーズに最良のものを提供する。画期的な視線、バーチャルリアリティー、コミュニケーション技術から、スイッチアクセス、ソフトウェア、支援技術まで、学生のコミュニケーション、学習、遊びを可能にするためのあらゆる革新的な製品を提供している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1083097/Skyle_iPad_Pro.jpg

▽問い合わせ先
Sarah Garfield
sarah.garfield@inclusive.co.uk
+44-(0)1457-819790

ソース:Inclusive Technology

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ