プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エルバ・マンハイム

エルバ・マンハイムがメドラブ・ミドルイースト2020でメンテナンスフリーの電極を使用した電解質分析装置を発表

AsiaNet 82662

ロンドン(英国)、2020年1月27日/PRニュースワイヤー/–

電極は定期的に交換しなくてはならないため、従来の電極を用いたイオン選択性電極(ISE)を使用する研究室の多くは苦労しています。消耗した電極は誤った結果を示し、作業の流れを途切れさせ、交換費用もかさみます。

この問題に対処するため、エルバ・マンハイム(ErbaMannheim)は、あらゆる規模の研究室向けにメンテナンスフリー電極を組み込んだ一体型センサーカートリッジの新型電解質分析装置、EC90を発売します。EC90は、厚膜技術を取り入れたセンサーを用いて全血、血漿、血清、希釈尿から直接Na+、Cl-、K+、Ca2+を測定します。

「プラグ&プレイ」のセンサーカートリッジは、サンプル3千体までの処理能力を持つ新しい試薬パックに組み込まれており、3か月という市場トップのオンボード寿命を誇っています。パックはメンテナンスも洗浄も必要なく、廃棄物は内部に収納されます。EC90は35秒でサンプルを分析、標準処理能力は1時間に90サンプル、またサンプル量35µLと70µLの測定モードがあります。Na[+]とCl-の測定結果は0.1mmol/Lの濃度で、K[+]とCa[2+]の結果は0.01mmol/Lで表示され、CV<1%で再生可能です。

小型で軽量(337x 273 x 422mm、8kg以下)、8.5インチのカラー・タッチスクリーン・ディスプレー、LIS接続、自動校正、2つのUSBポート、内蔵24列サーマルプリンター、シリアルポート。

クリニカル・ケミストリー(ClinicalChemistry)のグローバル製品マネージャー、DimitrisGiantzoudisは次のように語ります。「メドラブ・ミドルイーストで新しい分析装置、EC90を公開することを大変嬉しく思います。当社研究開発チームは厚膜電極の設計において豊富な経験があり、研究室や医療現場の環境におけるシステムの堅牢性に確信を持っております」

エルバ・マンハイムのNikhilVazirani医師は、次のように付け加えました。「スタンドアローン型で手ごろな価格の高速、高品質の電解質測定を求める研究室にとって、これはゲームチェンジャーであると確信しております。高精度でコスト効率が高いため、当社はこの方法をすでに全自動臨床化学分析装置の製品群に統合しており、来年には同じく高性能な電解質測定をご提供します」

EC90は2月3日にメドラブ・ミドルイースト見本市(ホール4、Z4.B10)で公開します。詳細はhttps://electrolyte-analyser-ec90.erbamannheim.com/” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>http://www.erbamannheim.com/” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>www.erbamannheim.com。

お問合せ:
ArleneHooper
グローバル・マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
ErbaCorporate Services Ltd
GW1 Great West House 
GreatWest Road 
London 
TW8 9DF 
UK 
携帯電話:+44-(0)-749-4208-556 
Eメール:a.hooper@erbamannheim.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ