プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

モエ・ヘネシー(Moet Hennessy)

モエ・ヘネシーがヴィネクスポのプログラムを発表

モエ・ヘネシーがヴィネクスポのプログラムを発表

モエ・ヘネシーがヴィネクスポのプログラムを発表:
「生きた土壌 (リビング・ソイル)」を核としたシェア、エンゲージメント、団結

AsiaNet 82657

【パリ2020年1月23日PR Newswire】2020年2月10日~12日に開催されるヴィネクスポ パリ展への参加を表明し、サステナビリティにまつわる議論の場がセッティングされた今、モエ・ヘネシーのプログラムも明らかにされました。3日の会期に専門家が一堂に会してディスカッションや対話を行い、現在のワイナリー像を明らかにするとともに、ワイン産業のエコロジカルな政策への転換を加速化し、持続可能な将来の構築がブレーンストーミングされます。モエ・ヘネシーにとって、このエキシビジョンは「生きた土壌」に対する企業コミットメントをプレゼンテーションするまたとない機会でもあります。
「私たちは、企業経験やアプローチを共有し、専門家たちが争点についての意見交換を行うフォーラムを望んでいました。各国のワイナリー業者が集まるこのヴィネクスポで、持続可能なワイン栽培製造業にまつわる主要な項目が議論されることを期待しています。私たちは、同業者ならびに、持続可能なワイン造りのための変革に加担したいと望むあらゆる人々に向けて門戸を開いています」と、モエ・ヘネシーのCEOフィリップ・シャウスはコメントしています。

マルチメディアのニュースリリースは: https://www.multivu.com/players/uk/8680551-moet-hennessy-at-vinexpo/

ワイン畑、ワイン、スピリットに関する環境的責任を問うリーディングフォーラム
モエ・ヘネシーは、専門家各位で構成されたコミュニティを招いています。このコミュニティは、ワイン畑の責任者、研究者、ソムリエ、各種国際機関からの代表者、非営利団体、テクノロジーやサステナビリティを専門とする新興企業といったメンバーで構成されています。ヴィネクスポの各パネルは、モエ・ヘネシーの専門家や、各国から参加するエキスパートで構成されます。パネルがそれぞれに土壌の現状と生物多様性に言及し、独自の理論や研究成果を発表します。現在のワイン製造モデルに対するソリューションが議論され、環境を重視したモデルへの移行を加速するための手段が模索されます。
このようなディスカッションは、オープン形式のダイナミックな意見交換の場として想定されています。30分の一連の対話に続き、観客を交えた10分間の質疑応答の時間が設けられます。また、共有のひとときとしてモエ・ヘネシーの製品をめぐるテイスティングやマスタークラスの開催も予定されています。

モエ・ヘネシーの企業コミットメント:生きた土壌 
ヴィネクスポの会期を通じ、モエ・ヘネシーはこれまでに取り組んできた企業アプローチやアクションを紹介します。企業は、環境にやさしい装備への大々的な投資、農耕業者やワイン業者に対する新テクノロジー養成、責任あるワイン栽培認定を獲得するためのサポート、科学/学術的プロジェクトの支援などに尽力してきました。この機会に、モエ・ヘネシーの未来に対する企業誓約も明らかにされます。モエ・ヘネシーは、「生きた土壌 (リビング・ソイル)」というテーマのもとに世界各国のコミュニティが集結し、社会的な責任性を有したプログラムが施行されることを望んでいます。

新世代と調和したポリシー
新しい世代の人々は未来の立役者です。そこで、モエ・ヘネシーはこの若い世代に属するメンバーを今回のディスカッションに招いています。ヴィネクスポの最終日には、モエ・ヘネシーのCEOフィリップ・シャウスと彼らの間で、将来のワイン産業に関する特別対話の機会が設けられます。討論に引き続き、2050年のガストロノミーとワインをテーマとしたワークショップが開催される予定となっています。このワークショップにはアラン・デュカスが特別参加し、「Desirable Futures」インスティチュートによって進行されます。実際に、ガストロノミー産業に関与する職はフランス国内外からの才能ある若い世代へのアピール力を高めつつあり、この分野で成された名声はすでに堅固なものとなっています。このような背景から、モエ・ヘネシーでは代表責任者とさまざまな職にたずさわるミレニアル世代の交流とリーダーシップを意図しました。さまざまなメゾンに従事する者、一流シェフ、政治学院や、料理、食のアート、もてなしを学ぶフェランディ校の学生がこの機会に集まります。みなが一体となってサステナブルなガストロノミーの未来を考え、具体的な像を導き出します。

—————————

モエ・ヘネシーについて
モエ・ヘネシーは、ラグジュアリー製品における世界的なリーディンググループLVMHのワイン&スピリッツ部門です。モエ・ヘネシーは、世界最大の高級ラインのワイン&スピリッツ企業です。世界中で知名度を誇る22の一流ブランドを傘下に擁します。傘下の各ブランドがそれぞれの土地に根差した味わい、比類なきクオリティ、独自の鑑識を称揚しています。傘下企業:ヘネシー、モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、ドン・ペリニヨン、ルイナール、クリュッグ、メルシエ、ベルヴェデール、グレンモレンジー、アードベック、シャンドン、ニュートン、テラザス・デ・ロス・アンデス、クラウディー・ベイ、ケープ・メンテル、ヌマンシア、アオ・ユン、ボルカン・デ・ミ・ティエラ 、ウッディンビル・ウイスキー カンパニー、クロ・ディズヌフ、シャトー・ドュ・ガルぺ。

プレスコンタクト:
Chrystel BROSSETTE
モエ・ヘネシーコーポレート プレス広報&リレーション責任者
cbrossette@moethennessy.com
住所:65-67 avenue de la Grande Armee, 75016 Paris

さらなる情報がご入用の場合、プレスパスをご希望の際にはサイトをご覧下さい。http://moethennessyvinexpoparis.com/

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1034652/Moet_Hennessy_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ