プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

BIGO Technology

日本のグループADDICTIONがシンガポール開催のBIGO Awards Gala 2020で公演

日本のグループADDICTIONがシンガポール開催のBIGO Awards Gala 2020で公演

AsiaNet 82636(0132)

【シンガポール2020年1月23日PR Newswire=共同通信JBN】Bigo Live(ライブストリーミング)、Likee(短編動画)、imo(動画コミュニケーション)など人気の新時代コミュニケーションプラットフォームを展開するシンガポールの大手テクノロジー企業BIGO Technology(BIGO)は2020年1月15日、シンガポールのキャピトル・シアターでBIGO Awards Gala 2020を初開催した。このイベントでは、Bigo Liveで過去1年、極めて優れた公演をしたライブストリーミング・ホストを認定、祝福した。

Photo- https://photos.prnasia.com/prnh/20200123/2700673-1
(写真説明:日本のグループADDICTION(アディクション)がガラ公演。彼らはユニバーサルと契約している数少ないブロードキャスターの1つで、近い将来、一躍有名になると期待されている。)

式典は、世界中から飛来したBigo Liveの有名人がレッドカーペットに迎えられて壮大に挙行され、サポートするトップファン数百人が参集した。この式典で75人余りのブロードキャスターが表彰され、出席者は総計1000人近くに上った。「トップ地域ブロードキャスター」「トップ地域ファミリー」「トップ・グローバルブロードキャスター」「トップ・グローバルファミリー」の4部門で、地域と世界双方の最高の人々が受賞した。

Bigo Liveは世界中で人気が急騰しており、月間アクティブユーザー(MAU)は計約2200万人に達している。ミレニアル世代が常につながっていたいと感じていることから、ライブストリーミングが世界的現象になり、Bigo Liveのようなプラットフォームは、彼らがつながり続け、さまざまな人に会い、新しい体験を共有することを可能にしている。受賞者の多くはこの機会をとらえてファンとつながり、賞を受け取りながらライブブロードキャストする人もいた。

ガラで特に有名なパフォーマーの一組が日本のボーカルグループADDICTIONだった。彼らはファンと直接つながれるBigoのブロードキャストを楽しみ、ファンを自分たちに近づけてくれたアプリに深い謝意を表明した。「Bigo Liveはこれまでになかったチャンネルを開いた。今やファンはわれわれと直接心を通わせることが可能になり、われわれも彼らとじかに共有できる。これはわれわれの間に強い絆を生み出す」

BIGO Technologyのマイク・オン副社長は賞とライブストリーミング・スペースについて「アジア太平洋周辺のライブストリーミング普及を受けて、われわれはBIGO Awards Galaを開始し、シンガポールのこのスペースを強化したい。当社の拡張計画がどこに向かおうと、常にシンガポールがBIGOの本拠地になると考えている。シンガポールは小さいながら高度に接続された場所であり、このイベントを立ち上げる最適の市場になっている。コンテンツ需要が増大してモバイル普及が広まり、ライブストリーミング現象は業界を推進する極めて重要な役割を果たし続ける。当社は現在、世界の150カ国余りで3億3000万MAUを記録しており、過去1年に当社プラットフォームで極めて優れた公演をしたライブストリーミング・ホストを評価、祝福することは最優先事項である。われわれのコミュニティーはまさにBIGOの心のよりどころであり、アートに対する彼らの献身とコミットメントを認定し、評価したい」と語った。

BIGO Awards Gala 2020の主賓である情報通信メディア開発庁(IMDA)のハウイ・ラウ産業開発主管は、BIGO Awards Gala 2020がライブストリーミングの増大する重要性を示していることに賛同し、プラットフォームで力を発揮した受賞者をたたえた。式典抜粋は東南アジア、中東、米国、日本、台湾で放映される。

▽BIGO Technologyについて
BIGOは2014年に創設されたシンガポールの急成長テクノロジー企業で、世界150カ国余りに商品・サービスを提供している。BIGOの商品はBigo Live(グローバル・ライブストリーミングプラットフォーム)、Likee(グローバル短編動画制作プラットフォーム)、imo(グローバル動画コミュニケーションプラットフォーム)など。

ブランド、商品に関する詳細はBIGOのウェブサイト(https://www.bigo.sg/ )参照。

ソース:BIGO Technology

画像リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=356344

日本のグループADDICTION(アディクション)がガラ公演
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ