プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEとMTNが東アフリカ初の5G SAネットワークを開始

ZTEとMTNが東アフリカ初の5G SAネットワークを開始

AsiaNet 82592(0107)

【深セン(中国)2020年1月20日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジーソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は21日、ZTEとMTN Ugandaが東アフリカ初の5G SAネットワークを共同で開始し、ウガンダのカンパラにあるNyonyi Gardenで開かれた「Experience the Future Together(未来を一緒に体験しよう)」をテーマとするイベントで5Gの使用事例をデモンストレーションしたと発表した。

ZTEとMTN Ugandaは、60 MHzスペクトラムバンドの下で1.494 Gbps以上の実質速度により、ファイバー接続なしのギガビット、Cloud XR、超高解像の生中継、自動運転、遠隔手術などのさまざまなアプリケーションをサポートできる高速5G SAネットワークを紹介した。

これは東アフリカ初の5G SAネットワークである。その展開および運用は、Common Coreを含むZTEのエンドツーエンド5G装置を採用し、既存のLTEコアネットワークEPCに依存することなく、シグナリングプレーンとデータプレーンの完全分離を実現している。さらに、このネットワークはスムーズなアップグレードを通じてuRLLC、mMTCなどの標準的な5Gアプリケーションをサポートできる。

SA 5Gネットワークによって裏打ちされた今回のデモンストレーションは、オンサイト固定無線アクセスネットワーク、バイオニックロボット、Cloud VR、その他のバーティカル産業のリアルタイム通信も取り上げ、インテリジェント社会の基盤としての5Gネットワークの能力に加え、アフリカにおける5G開発を追求するというZTEとMTNのコミットメントを全面的に紹介した。

さらに、ZTEは5G Common Core、Beyond 100G Transmission、5G Flexhaul、5G New Radio、Big Videoを含む同社のエンドツーエンドの商用化5Gソリューション、ならびにAxon 10 Pro 5Gスマートフォン、5G屋内・屋外ルーターなどの5Gターミナルデバイスもプレゼンテーションした。

ZTEのビル・イー副社長は「ZTEは新しい技術をMTNと共有することを強く望んでいる。われわれは5G能力を絶えず向上させ、世界のICT業界におけるエンドツーエンド・ソリューションのコアサプライヤーになった」と語った。

南アフリカ最大の通信オペレーターであり、アフリカ最大の多国籍通信企業であるMTN Groupは現在、アフリカおよび中東の21カ国で事業展開している。現時点で、MTNユーザーの数は2億3000万以上である。ZTEは2009年からMTNのパートナーとなり、無線、コアネットワーク、トランスミッション、エネルギーインフラストラクチャー、ターミナル、O&Mサービスの分野で提携している。ZTEはさまざまなプロジェクトでMTNの11の支社と協力してきた。

ZTEは、高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズテクノロジーソリューションを消費者、オペレーター、企業、公共セクターの顧客に提供するプロバイダーである。ZTEの戦略の一環として、同社は通信と情報技術のセクターが融合するのに伴い、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、卓越性と価値を生み出している。香港および深センの証券取引所に上場(H株コード:0763.HK/A株コード:000063.SZ)するZTEは、160カ国以上で製品とサービスを提供している。

ZTEはこれまでに欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA)の主要市場で35件の商用5G契約を締結した。ZTEは同社の年間収益の10%を研究開発に投じ、国際標準設定組織の中でリーダー的な役割を果たしている。

▽報道関係問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ