プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」Androidアプリをリリース

令和2年1月20日よりGoogle Playで

2020年1月21日
金沢工業大学

金沢工業大学の学生プロジェクト「SDGs Global Youth Innovators」が株式会社リバースプロジェクト(東京都港区 代表:伊勢谷友介氏)と共同で開発したSDGsカードゲーム「THE SDGs アクションカードゲームX(クロス)」のAndroidアプリが2020年1月20日よりGoogle Playでリリースされました。無料で利用できます。

ダウンロード方法
Google Playで「THE SDGs アクションカードゲーム X」と検索してダウンロードしてください。
Android端末で以下のGoogle Play webページを開き、ダウンロードすることも可能です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.SDGs.CardGameX

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O6-k91AIzZI
なおiOS版については完成後にあらためてご案内します。

 
「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」Androidアプリについて
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O7-talBx0wA
解決策を提案する「リソースカード」を使い、「トレードオフカード」が提示する問題を解決していくゲームです。遊び方は「ビギナー版」と「アドバンス版」の2種類があります。

トレードオフカード
[問題を提示するカード]
SDGsの目標達成に向けて想定されるトレードオフ(一方を追求すると他方が犠牲になるという関係)状態の問題が記載されています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O8-i4s3j4Dj

 

 
リソースカード
[問題解決に使うアイテムカード]
地球上に存在する、さまざまなヒト・モノ・コトなどの資源が記載されています。
この組み合わせで問題を解決します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O9-orZ9k8jS
【ビキナー版】
2~3人でチームを作り、問題解決のアイデアを創出するゲーム
1.1ターン目は1枚のトレードオフカードと8枚のリソースカードが提示されます。
  リソースカードはターンを追うごとに減っていきます。
2.表示されたトレードオフカードに対してリソースカードを見て、アイデアが出た人から1人1枚選択し、解決策を提案します。
3.2番目以降にカードを使う人は、前に出たアイデアにつながるような解決策を提案します。
  例:「それでは、私はこのリソースカードを使うことでさらに○○○します」と提案します。
4.チームメンバー全員がアイデアを出し、合計3枚以上のリソースカードを使って、問題を解決できれば、ゲーム終了となります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O10-2n9onR47

【アドバンス版】
2~3人の複数のチームで行います。チームにつきスマートフォンかタブレットを1台用意してください。
1.2~3人のチームに分かれます。
  その後、同じゴールを選択してください。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O11-cAj8Vk9M
2.まず、リソースカードのみが表示されます。
  チームメンバー全員で3枚のリソースカードを使い、2分間アイデアを考えてください。
3.2分経過するとトレードオフカードが表示されます。
  問題を見て2枚以上のカードを使い、次の2分間で解決策を考えてください。
4.考えたアイデアを各チーム1分間でプレゼンテーションしてください。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202001215890-O12-hcE2je1J
5.全部のチームがプレゼンテーションを終えたらどのチームが1番良かったかジャッジします。
6.1番良かったチームに1人1票投票し、1番票数が多かったチームが優勝です。

 
 「THE SDGs アクションカードゲームX(クロス)」は誰でも気軽にSDGsの身近な課題に対して、ヒト・モノ・コトのリソースを組み合わせて解決するカードゲームです。
 金沢工業大学の学生プロジェクト「SDGs Global Youth Innovators」が主体となって平成30年に開発したもので、金沢工業大学SDGs推進センターのwebページから無料でダウンロードできます。
https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/

また製品版に関してはリバースプロジェクト オフィシャルウェブサイト オンラインショップで購入できます。
https://rebirthproject-store.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ