プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アキレス株式会社

RoHSⅡ指令対応 軟質透明PVCシート 『アキレス 作業台用マットⅡ』 1月27日(月)より全国で販売開始

2020年1月20日

アキレス株式会社

規制物質の含有量を閾値(しきいち)未満に抑制
RoHSⅡ指令対応 軟質透明PVCシート
『アキレス 作業台用マットⅡ』
1月27日(月)より全国で販売開始

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、RoHSⅡ指令への配慮が求められる現場での使用に適した軟質透明PVCシート『アキレス 作業台用マットⅡ』を、2020年1月27日(月)より全国で販売開始します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001205841-O1-6YWK2B8y
【写真:『アキレス 作業台用マットⅡ』】

 当社は2019年1月より間仕切り用フィルム「アキレス ソフトパーティション」シリーズにRoHSⅡ指令に対応したリニューアル品を上市し、規制物質の付着リスク低減を求める顧客層に、高い評価をいただいています。RoHS指令の改正版であるRoHSⅡ指令が2019年7月22日に施行され、電化製品メーカーを中心に日本企業も対応を迫られており、それに合わせ対象製品だけでなく、生産工程や環境に関わる資材についても対策の必要性が問われ、強化の動きは加速しています。
 そこで、要求されている現場環境の強化にむけて、『アキレス 作業台用マットⅡ』を開発いたしました。工場内で使用される作業台用マットにおいても、RoHSⅡ指令に対応。規制物質の含有量を閾値未満に抑え、作業台上での規制物質の製品への付着リスクを低減しました。

 『アキレス 作業台用マットⅡ』は、厚さ1.2mm×幅920mmx10m巻のロールによる販売となります。事務用カッターナイフで簡単に切断でき、作業台のサイズに合わせてお使いいただけます。印刷物の裏移りやオレイン酸に対する耐性も確保。透明性を保有しながらLED光学マウスの操作性も高めました。
 当社はREACH規則・RoHSⅡ指令対応製品の提供により、欧州をはじめグローバルに事業を展開する際に、作業を行う現場までを含め、幅広いお客様の不安を解消し、規制対応に関する負担軽減に貢献します。

『アキレス 作業台用マットⅡ』の製品概要は以下の通りです。

製品名 :アキレス 作業台用マットⅡ
製品仕様:PVCシート
規格寸法:厚さ1.2mm×幅920mm×10m巻
製品特長:■RoHSⅡ指令対応
           ■作業台に合わせてカット可能
              事務用カッターナイフで簡単に切断可能。
                  作業台のサイズに合わせてカットしてお使いいただけます。
           ■LED光学マウス対応
希望小売価格:5,000円+税/m
発売日    :2020年1月27日
販売地域 :全国
販売目標 :100本(1,000m)/月
ホームページ:https://www.achilles.jp/

RoHSⅡ指令について
RoHS指令は2006年7月1日以降、人の健康や環境を保護するためにEU域内で流通する電気・電子機器に対して特定の有害物質(カドミウム・鉛・六価クロム・水銀・ポリ臭化ビフェニル・ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用を制限しています。RoHSⅡ指令は2019年7月22日から施行され、追加4物質(DEHP・DBP・BBP・DIBP)の使用を制限しています。

<ユーザーからのお問い合わせ先>
アキレス株式会社
【化成品事業部 フイルム販売部】
山川 元
TEL:03-5338-9266
〒169‐8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー

アキレス 作業台用マットⅡ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ