プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人Jミルク

FAOボリコ所長が団体特別賞のみなみ野君田小学校へ表敬訪問実施!第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール

2020年1月吉日

第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール表彰式 広報事務局

子どもたちの考えた新しい牛乳キャラクター誕生!
第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール
全国の小学生28,736点の応募から上位賞9名と5つの小学校が受賞
日本にも広がるSDGsの取り組みを背景に
牛乳を通して食の大切さを表現した、個性が光る作品大集結!
<2020年1月FAOボリコ所長が団体特別賞の
みなみ野君田小学校へ表敬訪問実施!>

 今年も「第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」が開催され、6月1日牛乳の日より、全国の小学生から牛乳をヒーローやヒロインで表現する絵画作品を募集しました。応募総数28,736点の中から、農林水産大臣賞を含む上位賞9名、応募数上位の5校が受賞。12月7日(土)に学士会館(東京都千代田区)にて表彰式が行われました。
 本コンクールは、Jミルクの酪農乳業の業界における小学校の食育活動支援とともに、SDGsへの取り組みの一環として開催しています。審査では、子どもたちの牛乳に対して感じている多様な価値を認め、その価値を伝えるためのストーリーや思いが表現されている作品を、審査基準に沿って審査し、各賞を決定しています。絵を描くことで、子どもたちの「食べものを大切に思う気持ち」を育み、「飢餓やフードロスなど世界の食料問題への関心」につながるきっかけになってほしいという願いも込められています。
 表彰式では、Jミルクの岡本隆雄常務理事が「本コンクールの狙いは三つあり、一つ目は毎日牛乳について考えてもらうこと、二つ目は学校で食育の活動として本コンクールを活用してもらい、さらに食育を家庭に広げること、そして、三つ目は世界の飢餓の問題や日本の食品ロスなどについて、子供たちが自ら行動することで学んでほしい」とコメント。本年度、最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞したのは、渡邊結太(わたなべゆうた)さん(高知県高知市立はりまや橋小学校2年/作品名:ミルコックくん)、金澤怜也(かなざわれいや)さん(福島県石川町立石川小学校4年/作品名:レス牛)。受賞作品について、渡邊さんは「牛乳が嫌いだったけれど、好きな食べ物に牛乳が使われていることを知って(牛乳が)好きになった。それを絵にした」、金澤さんは「レスキュー隊はみんなを助けている、濁点をつけてレス牛(ギュー)にすれば、みんなを助けられると考えた」とそれぞれ作成意図を話してくれました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O2-sN7Rrj8n
本年度受賞者

FAO(国連食糧農業機関)との連携により、食料の問題をよりグローバルに捉える

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O3-7uQcGh67

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O4-JsP7o3SU

 本コンクールは、毎年FAOと連携し、応募1作品につき50円を酪農家、乳業会社、販売店の協力により「FAO飢餓撲滅草の根募金」へ寄附しています。
 今年の募金総額は、1,436,800円に達し、FAO駐日連絡事務所のンブリ・チャールズ・ボリコ所長に贈呈されました。ボリコ所長は日本語で「コンクール参加をきっかけにミルクについて大切に考えて頂くことが、食べ物の廃棄、廃棄することによる温室効果ガスのこと、世界の飢餓や肥満などの何らかしらの栄養不良など、食べ物全てのことを考えていくきっかけにもなると思います。自分に何が出来るのか、家族、お友達と話し合ったり、考えたりして行動に移してみて下さい。」「皆さん自身が、2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けて生きていく町、国、世界を良くしていくために一緒に考え、行動していきましょう。」と述べました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O5-ZhS1FaM5

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O6-4g2Q2LgB

 表彰式参加者は作品とともに記念撮影をしたり、各作品を真剣に鑑賞していました。本年度の応募作品について、審査員の奥村高明 日本体育大学教授は、「牛乳を深く考えて、作る人、牛を育てる人、届ける人、いろいろな社会関係を考えて描かれている作品が増えている。パソコンを使って描いてる作品などもあったり、毎年新しい傾向が生まれている。子供たちは単に牛乳のヒーローやヒロインを作り出しているのではなく、絵を描くことで牛乳を大事に思い、大切に飲んだり、牛乳が使われた食品を食べたり、そういった牛乳を通した世の中を作り出している。そしてそれが全国に広まっている」と評しました。

ボリコ所長 みなみ野君田小学校へ表敬訪問
 
 最も応募作品数が多かった団体(小学校)に送られる「FAO駐日連絡事務所・団体特別賞」を受賞したのは八王子市立みなみ野君田小学校。ボリコ所長が児童に直接感謝の気持ちを伝えるため、表敬訪問を行いました。全体集会でボリコ所長は、「コンクールへこんなにたくさんの応募をしてくれていることは、牛乳への理解のあかしです。牛乳について考えることは、食べ物について考えるきっかけになる」と児童へ向けてメッセージを伝えました。みなみ野君田小学校では、家庭から出る生ごみをたい肥化して近隣の農家へ提供し、そのたい肥で育てられた野菜を給食で使用したり、給食時間に食べ物に関するクイズを出題するなど、普段から学校全体で食育への取り組みを行っています。今回の受賞について、伊藤祐子 校長先生は、「団体特別賞の受賞や、ボリコ所長の訪問は、食べ物への関心を高め、児童たちが自ら考えて行動する動機づけになったと思います」と述べました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O7-D9L698x1

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O8-sFZ8Q2A1

第7回「牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」上位入賞者一覧と団体賞

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175808-O1-Vh0guvq8

第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール表彰式概要

1、開催日時:2019年12月7日(土) 12:30~14:30(受付開始 12:00~)
2、開催場所:学士会館202号 (東京都千代田区神田錦町3-28)
3、内容:
(1)農林水産大臣賞含む個人賞上位9作品と団体賞(※)受賞者への表彰状授与
  ※団体賞は、応募数が多い上位5団体(校)を表彰するものです。
(2)受賞9作品の展示・発表
(3)受賞者児童、学校教職員へのインタビューセッション
(4)ボリコ・FAO駐日連絡事務所長からの子どもたちへのメッセージ

本年度受賞者
第7回「牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」上位入賞者一覧と団体賞
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ