プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

本田技研工業株式会社

Hondaウエルカムプラザ青山が 1月18日(土)に全面リニューアルオープン

2020年1月17日

本田技研工業株式会社

青山一丁目に“新たな憩いのスポット”が誕生!
Hondaウエルカムプラザ青山が
1月18日(土)に全面リニューアルオープン
より一層「入りやすく憩える場」に生まれ変わります
~発売前の新型FITを全5タイプ展示~

 Hondaは、Honda青山ビル1階のパブリックスペース「Hondaウエルカムプラザ青山(以下、ウエルカムプラザ)」を、2020年1月18日(土)にリニューアルオープンします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O1-oq8Dv7jA

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O2-qyBoE44d

Hondaウエルカムプラザ青山

 今回のリニューアルでは、オープン当初からのコンセプトである「誰でも気軽に立ち寄れる憩いの場」をさらに進化させるべく、より居心地の良い空間をつくると共に、「すべての人に、生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という、Hondaの2030年ビジョンの実現に向けたHondaの取組姿勢を感じて頂ける場となることを目指しました。

新しくなったHondaウエルカムプラザ青山のポイント
・開放的でウッドとグリーンに囲まれた内装は、まるで都会のオアシス!
・こだわりのカフェでオリジナルコーヒーとF1開催国(過去開催国含む)にちなんだサンドウィッチがお手頃価格で楽しめる!
・ここでしか手に入らない!?Hondaオリジナルグッズが目白押し!
・いよいよ2月14日(金)より発売となる新型FIT※1の全5タイプを先行展示!

【リニューアル概要】

■“ショールーム”というイメージを払拭する“開かれた”空間へ
 外装は、外に面したガラス面を拡大することで、屋外からプラザ内やカフェが見渡せる開放的なデザインとしました。またプラザ前のエリアは、建物内と同じ床材で繋がるウッドデザインを採用するとともに、屋外には新たにテラス席を設けて、親しみやすく入りやすい外観としました。
内装は、「再び訪れたくなる場」をコンセプトに、ウッドとグリーンを多く取り入れ、親しみやすく居心地の良い空間としました。メインエントランスではHonda事業所がある世界各国の植栽を用いた「ワイガヤ※1の木」がお客様をお迎えします。「ワイガヤの木」は、種類の異なる木が根をはり合うことでお互いがより強くなるという考え方から、自由に意見を出し合うことによる多様性を表現しました。植栽と水の演出には、株式会社パーク・コーポレーションのparkERsがプロデュースを手がけ、自然の中にいるようなリラックスできる空間を演出します。
 これまでの「ショールーム」といったイメージを払拭し、「誰でも気軽に立ち寄れる憩いの場」という開場当初のコンセプトをさらに進化させるために全面リニューアルしたウエルカムプラザのテーマは“The POWER Spot”!訪れるすべての方に安らぎと元気を与えられるような空間を目指してまいりますので、“いつでも気楽に”お立ち寄りくださいませ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O3-03C4N1H6

内装・ワイガヤの木

■有名店にも負けない!こだわりのカフェが登場!
 お客様と一緒にこれからも前に進んでいくHondaの想いを「MILES」という言葉に込め、より立ち寄りやすく、憩えるカフェを目指して空間設計された“MILES Honda Cafe”は、有名サードウェーブコーヒーの日本導入を手掛けた株式会社WATの石渡康嗣氏が監修しました。アメリカやドイツなど世界各国のF1開催地(過去開催国含む)にちなんだサンドウィッチや、カルキ臭を消すためにHonda青山ビル地下3階にあるカナダ産ヒバの大樽で貯水した「宗一郎の水」※2を使って入れたオリジナルコーヒーなど、Hondaらしいメニューを用意しています。
また、充電スポットやWi-Fiを備えた館内では、ベビー/キッズチェアを用意するとともに、屋外のテラスでもくつろいでいただけます。また、環境負荷軽減の取り組みとして、紙ストローの導入や食べ残しゴミの飼料化なども行っています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O4-yK6nn69x

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O5-61i3sblH

MILES Honda Cafeイメージ

■ついにレギュラー販売スタート!噂のカレーうどんをぜひお試しあれ!
 施設内にはHondaオリジナルグッズがお買い求めいただけるショップをご用意しました。店内は都内有名ショップを手掛けるSWELL.incの長崎勇平氏がビジュアルマーチャンダイズ※4を行い、「眺めているだけでもワクワクする場」をコンセプトに、Hondaゆかりのアイテムで装飾しています。
様々なお客様のニーズにお応えできるよう、ウエルカムプラザならではの幅広い品揃えのHondaグッズを用意しており、親子でお揃いとなるアパレルやHondaオリジナルストライダーなど、お子様もワクワクするグッズから、これまで限定的にしか販売されていなかったオリジナルグッズも今回を機にレギュラー販売を開始します。
特に、毎週金曜にHonda各事業所の社員食堂で行列をつくることで有名な、「ホンダ社食のカレーうどんの素」がついに登場。全5種類を同時にラインナップしています。また、Honda社内にのみ販売され、商談に訪れるお取組み先の皆様からもご好評を頂いているHondaオリジナル狭山茶「TEAM Honda!赤の緑茶」も今回から一般向けの販売を開始します。会場にお越しの際はぜひショップにてお買い求めくださいませ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O6-FeGr6x48

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O7-e7z44JWY

■いよいよ2月14日(金)より発売となる新型FITの全5タイプを先行展示!
 昨年10月の東京モーターショーで初公開されて以降、日に日に期待の声が高まっている新型FITを、新しくなるウエルカムプラザで全5タイプ展示します。“人の気持ちを研究するHonda“という、これまでの企業理念に立ち返り開発された新型FITは、数値では表せない「心地よさ」をとことん追求した新時代のクルマです。
ウッドとグリーンに囲まれた「憩いの場」として生まれ変わったウエルカムプラザで、「心地よい」新型FITを発売に先駆け、いつでも気軽にご覧いただくことが可能です。
都会の人込みに疲れてしまったら…ぜひウエルカムプラザにお越しくださいませ。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O8-lgK4t7Ts

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001175810-O9-qO90r994

※1 新型FITホームページ https://www.honda.co.jp/Fit/new/
※2 役職や年齢、性別を越えて気軽にワイワイガヤガヤと話し合う、Honda伝統のコミュニケーション「ワイガヤ」にちなみ、「多種多様な人々が集まり、賑わいが生まれる空間」をコンセプトとしました
※3 ウエルカムプラザを誰でも気軽に立ち寄れる場所にしたいという、創業者 本田宗一郎の想いから、この水を「宗一郎の水」と名付け、来場されたお客様に自由にお飲みいただいています
※4 店舗デザイン、商品の企画・仕入・陳列、宣伝、販売に独自のストーリー性をもたせ、総合的演出効果を狙う販売手法

【Hondaウエルカムプラザ青山】
■所在地:東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階
■営業時間:10:00~18:00
■最寄駅:東京メトロ銀座線、東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線
→「青山一丁目」駅 下車5番出口すぐ
■Webサイト:https://www.honda.co.jp/welcome-plaza/

※リリース掲載の画像はこちらからダウンロード可能でございます。
https://dentsupr.jp/2RmKdfv

1
2
3
4
5
6
7
8
9
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ