プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicroがクラス最高のサーバーソリューションでオラクルとの関係を拡大

Supermicroがクラス最高のサーバーソリューションでオラクルとの関係を拡大

AsiaNet 82559 (0093)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2020年1月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*Oracle LinuxおよびOracle VMを搭載するBigTwin(TM)、TwinPro(TM)、Ultra SuperServers(R)を含む幅広いシステム、認定ソリューションを認定

Oracle PartnerNetwork(OPN)のゴールドレベルメンバーであるSuper Micro Computer, Inc.(NASDAQ: SMCI)は、Oracle Linuxおよびx86ベースのOracle VM Server(Oracle VM)を搭載する幅広いサーバーをテスト、認証することによって、オラクルとの関係を拡大し、クラウド、仮想化、エンタープライズデータベース・アプリケーションの顧客要望に応えた。Supermicroは、1U/2U Ultra、BigTwin、2U TwinPro、FatTwin(TM)、4-wayおよび8-way MPサーバーなどの多数のサーバー(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2695243-1&h=694733324&u=https%3A%2F%2Fwww.supermicro.com%2Fsupport%2Fresources%2FOS%2FOS_Certification_Intel.cfm%3Fmlg%3D0&a=servers )を発売する。これらのサーバーは、1U、2Uブレードを含むさまざまな構成で発売され、Oracle Linux 7.6、Oracle Linux 7.7、Oracle VM 3.4の動作認定を受けている。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1078221/Supermicro_Certified_Solutions_with_Oracle_Linux_and_Oracle_VM.jpg

Supermicroの上級副社長で最高製品責任者であるラジュ・ペヌマッチャ氏は「われわれがOracleソフトウエアスタックで成し遂げた成果は、オラクルおよびSupermicroの顧客がすべてのOracleワークロードで事前テストされ認定されたサーバーから最高のパフォーマンスと最高のTCOバリューを引き出すことを保証することに役立つ。われわれはオラクルとのコラボレーションをさらに進展させ、数カ月以内にはオラクル向けに設計、最適化された追加の最先端サーバーを展開できると考えている」と語った。

これらの認定システムは、Supermicroの優れたシステム設計および高性能第2世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサーを活用している。また、ユーザーはインテルOptane DCパーシステント・メモリーを活用して、データベースの再スタートによってより大きなデータセットとより高い可用性をサポートできる。このシステムは、ユーザーが最大28コアおよび2933MHzメモリースピードを備えるOracleデータベースおよびアプリケーションから優れたパフォーマンスおよびバリューを引き出すことを可能にする。新規および既存の顧客はSupermicroのエンタープライズクラス・サーバーを全面的に活用し、リソース・セービング・アーキテクチャーを利用して、最も要求が厳しいクラウドやハイブリッドOracleワークロード向けのミッションクリティカルなOracleソフトウエアベースのソリューションを駆動することができる。

オラクルのOracle Linux and Virtualizationの製品管理担当グループバイスプレジデントであるロバート・シンプ氏は「SupermicroのサーバーラインにおいてOracle LinuxおよびOracle VMを搭載する認定ソリューションを同社が発売したことは、両社の顧客が統合ソリューションから得られるバリューと要望を明確に示したものである。オラクルとSupermicroのコラボレーションは顧客がデータセンター、クラウド、エンタープライズ展開で優れたパフォーマンスを実現することを支援することに注力している」と語った。

Supermicroのハードウエア上での認定テストは、Unbreakable Enterprise KernelとOracle VMを搭載するOracle Linuxを使用して行われた。認定されたすべてのサーバーは、Oracle LinuxおよびOracle VM向けの OracleのHardware Compatibility List(HCL)プログラムの一部である厳格なテストガイドラインを完了した。

Oracle HCL認定を達成したSupermicroのソリューションポートフォリオに関する詳細はウェブサイトvisit:https://www.supermicro.com/support/resources/OS/OS_Certification_Intel.cfm?mlg=0 を参照。

SupermicroのSuperServer(R)に関する詳細はウェブサイトwww.supermicro.com を参照。Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2695243-1&h=3382133418&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSupermicro&a=Facebook )とTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2695243-1&h=3852193765&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FSupermicro_SMCI&a=Twitter )で最新のニュースおよび発表を受け取るためにSupermicroをフォロー。

▽Oracle PartnerNetworkについて
Oracle PartnerNetwork(OPN)はオラクルのパートナープログラムで、Oracleソリューションを開発、販売、実装する差別化された優位性をパートナーに提供する。OPNはOracle製品およびソリューションに特化したナレッジをトレーニングおよびサポートするリソースを提供し、オラクルの拡大する製品ポートフォリオ、パートナーベース、ビジネスチャンスの評価を高めるまでに進化した。重要なOPNの最新強化は、パートナーがOracle Cloudへの投資を評価され、恩恵をうけることができる能力である。オラクルと提携するパートナーはOPN Cloudプログラムを通じて、Oracle Cloud専門技術と成功を顧客とともに差別化することができる。この革新的なプログラムは、Oracle Cloudを使用するパートナーにさまざまな評価および漸進的恩恵によって既存のOPNプログラムレベルを補完する。詳細はウェブサイトhttp://www.oracle.com/partners を参照。

▽Super Micro Computer, Inc.について
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターのSupermicro(SMCI)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および/または登録商標である。

OracleとJavaはオラクルおよび/ないしはその子会社の登録商標である。

Intel、インテル・ロゴ、Xeon、Optaneは米国および/ないしはその他の国々におけるインテル コーポレーションの登録商標である。

その他の全てのブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Greg Kaufman
Super Micro Computer, Inc.
pr@supermicro.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ