プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artprice

Artprice by ArtMarket.com: 2020年度における「現代芸術」の客観的な定義とは?

Artprice by ArtMarket.com: 2020年度における「現代芸術」の客観的な定義とは?

AsiaNet 82515

パリ、2020年1月14日/PRニュースワイヤー / —

Artpriceのエディトリアルチームは、一貫性、明確性、透明性への配慮から、美術史を常に5つの主要時期に区分してきました。こうして、アート作品はその製作年度という単純で疑いようのない基準に沿って分類されています。

・「オールドマスター (古典)」:1760年以前に生まれたアーティスト
・「19世紀」:1760年から1860年の間に生まれたアーティスト
・「近代」:1860年から1920年の間に生まれたアーティスト
・「戦後」:1920年から1945年の間に生まれたアーティスト
・「現代」:1945年以降に生まれたアーティスト

時代が進むにつれ、いわゆる「現代芸術」に相当する時期が、より長くなっています。今日、このカテゴリーに分類される作家は実に多様で、Jean-Michel Basquiat (1960-1988)、Oscar Murillo (1986年~)、Anselm Kiefer (1945年~)、Kaws (1974年~)、Martin Kippenberger (1953-1997)、Cory Arcangel (1978~)らの名が見られます。また弊社の分類によれば、Gerhard Richter (1932~)、David Hockney (1937~)、El Anatsui (1944~)といった作家は、このカテゴリーには属しません。

Artpriceの創立者でArtmarket.comのCEOを務めるThierry Ehrmannの説明によれば、「美術史の時期区分を客観的に行うことによって、アート市場を研究し、その構造と変遷を理解することが可能になります。たとえ、時に「現代芸術」に属するか否かを非常に機械的に判断することになったとしても、この区分は有益に機能します。」インスタグラム上で、Maurizio Cattela関連の投稿が数千単位でMarcel Duchampのものを上回ったり、 Kawsの作品価格がPierre Soulagesのベスト作品に値する評価を唐突に獲得したりすることは、アートのトレンドや市場に見られる矛盾の数々を露呈すると同時に、現代芸術の概念にも深く関係しています」。

アートにおける「現代」は、作家が「今日も存命」であることを意味しません
草間彌生(1929年~)や、Pierre Soulages (先ごろ100歳を迎えたばかり)の作品は、どのようにカテゴライズされるべきでしょうか?草間とSoulagesのキャリアは戦後まもなくスタートしたものの、両者のベスト作品の一部はKeith HaringやJean-Michel Basquiatの死後、長い時を経て実現されています。Basquiatの作品が記録的な高騰を維持するなかで、両者の価格も漸進的に成長し続けています。

あるいは「現代芸術」は、単にいまだ完全に定義されていない区分だとみなされるべきなのかもしれません。このことは、Marcel DuchampとMaurizio Cattelanの間に横たわる根本的な相違も示唆しています。Duchampの作品Fontaine (1919)と、CattelanのComedian (2019)に対する受け入れの違いを見てください。Duchampの男性用小便器を形どった作品は今日においても論争の種となっているものの、アートヒストリーにおけるその作品の存在はゆるぎないものとなっています。一方で、Cattelanによる壁にバナナをテープで止めた作品は、認知されるまでにはまだ多くの時を要することでしょう。

このような差別化は、一部アーティストにおいてもあいまいな様相を呈しています。Jeff Koonsの例を挙げてみましょう。今日、彼の作品は20世紀後期における注目作品として記憶される可能性が高くなっています。実際に、その彫刻作品Rabbit (1986)は、すでに「古典(クラシック)」作品としての地位を獲得しています。とはいうものの、その作品は今日でも大きな議論の種となっており、その表現技法もいまだ完全には受けいれられていません。先ごろ出された裁判所の採決によれば、Koonsが自作 Naked (1988)においてフランス人写真家の作品を盗用した、とされていますが、このような事実は、アメリカ人アーティストが現在直面している多くの弊害ケースの一例にすぎません。

弊社による誕生年別の分析(2019年度の結果に基づく)によれば、1955年、1960年、1974年が、注目の3大年度となっています。
第二次大戦終了からちょうど10年後にあたる1955年に、アメリカの東海岸に生まれた Jeff KoonsとChristopher Woolの存在によって、1955年が誕生年別にみる現代芸術の「ベストヴィンテージ年度」となっています。両者の作品は、いまだヴェネチアビエンナーレにおけるアメリカ代表にはセレクトされていないものの、すでに数十年前よりメジャーアーティストとして数々のアメリカの美術館に所蔵されています。この1955年は、別のアーティストの実績によってもヴィンテージ年度としてマークされています。全時期混合の「年間オークション トップアーティスト100」に2年連続で選出されたアラバマ出身のKerry James Marshall (アラバマ出身)と、中国人アーティストのZhou Chunyaの二名が、この1955年度生まれのアーティストにあたります。

2019年度にオークション総売上高1億2900万ドルを記録したJean-Michel Basquiatが、変わらず現代芸術部門をけん引し続けています。Basquiatただひとりによって、1960年度が20世紀後半のベストヴィンテージ年度にランクインされています。1960年生まれの二番手アーティストはGlenn Ligonですが、その販売高は190万ドルにとどまっています。

興味深いことに、ストリートアーティストの新星KawsとBanksyは、ともに1974年に生まれています。前者はアメリカのジャージーシティ、後者はイギリスのブリストルの出身です。

柔軟性と限定性に欠けるにもかかわらず、Artpriceが用いる歴史的分類 (アーティストの誕生年別)は、2019年度のオークション結果との間に一貫性を示しています。「現代芸術」部門の開始年度が新たに選定されるとしても、1965年度が論理的な区切りの年とされる可能性は大いに考慮されます。1965年以前の20年間に生まれたメジャーアーティストの作品価格が市場で高騰を続けている事実 – Albert Oehlen (1954~)、Rudolf Stingel (1956~)、Zhang Xiaogang (1958~)、Damien Hirst (1965~) – は、彼らの芸術史上における地位がいまだ明確に確立されていないことを示しているといえるでしょう。

Copyright 1987-2020 thierry Ehrmann www.artprice.com – www.artmarket.com

Artmarketについて:

Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF

動画でArtmarketとArtpriceを見る:https://en.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEOthierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who (c)内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2019/10/biographie_oct2019_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3000万件以上のアート指標とオークション結果、70万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8000を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2018年度グローバルアート市場報告は、2019年度3月に発表されています:https://fr.artprice.com/artprice-reports/le-marche-de-lart-en-2018

ArtmarketとArtpriceによるプレスリリースのインデックス:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleasefr.htm

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:

(フォロアー数470万人)

https://twitter.com/artmarketdotcom

https://twitter.com/artpricedotcom

有名なOrgane現代美術館内のカオス邸に置かれたArtmarketとArtprice本部 http://web.artprice.com/video のアルケミーと世界をご覧ください。: https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 将来の美術館: https://youtu.be/29LXBPJrs-o

https://www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロアー数400万人)

https://vimeo.com/124643720

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1076397/2019_Contemporary_Art_auction_turnover_Infographic.jpg

Artmarket.comをご覧ください。Artpriceへのコンタクトは
コンタクト: ir@artmarket.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ