プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Wacaco

Wacacoがコーヒー抽出で真空圧を利用する初の携帯コーヒーメーカー、Pipamokaを発売

Wacacoがコーヒー抽出で真空圧を利用する初の携帯コーヒーメーカー、Pipamokaを発売

AsiaNet 82527 (0080)

【香港2020年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*好評を博すMinipressoとNanopresso携帯エスプレッソメーカーのクリエーターが発売するPipamokaは、コーヒー愛好家に一体型のコーヒー旅行体験を提供するように設計されている

*Pipamokaはこの種では初のねじりメカニズムを使用して真空圧をつくり出し、ユーザーは2分でカップいっぱいのバランスのとれたコーヒーを淹れることができる

Wacacoはこれまでに百万台を超える携帯エスプレッソマシンを世界で販売してきたが、旅行向けに設計された、エスプレッソでない初のコーヒーメーカーPipamokaを発売して、大胆にも携帯フィルターコーヒーメーカー市場に参入した。小売価格は46.90米ドルである。

Video – https://www.youtube.com/watch?v=f9QUksFhh8I

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1076082/Pipamoka_Photo.jpg

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1076081/Wacaco_Logo.jpg

Pipamokaの浸出プロセスはユニークである。ユーザーは挽いたコーヒーを専用フィルターバスケットに挿入し、お湯をPipamokaに加え、フィルターバスケットをPipamokaの底に落とし込む。革新的なねじれメカニズムによって真空圧がトラベルマグカップの中に生まれる。この負圧がコーヒー粉末の中を通ってお湯を引き出す吸引力を発生させる。コーヒーは断熱保温カップに直接抽出され、何時間も保温される。

加圧環境は抽出を速め、バランスのとれたコーヒーを淹れるには2分しかかからない。この革新的な設計はすべての抽出用具を保温機能のあるステンレスのカップに巧妙に組み込んでおり、旅行者は収納スペースを節約し、パッキングを最小限に抑えることができる。

Wacacoの共同創設者であるヒューゴ・カイレトン氏は以下のように語った。「われわれはこの特許取得済みのコーヒーメーカーを開発するために2年を費やした。世界中の当社のファンとこれを共有できることを大変うれしく思う。当社のファンはアドベンチャーの際にフィルタースタイルコーヒーを淹れるトラベルフレンドリーな方法を求めていた」

「一体型の設計、真空圧機能に加え、ロングコーヒー、コールドブリュー(水出し)、エスプレッソスタイルコーヒーを抽出する能力があり、Pipamokaはさまざまなコーヒー愛好家がいつでも、どこでも、好みのコーヒーを楽しむことができる本当にユニークなコーヒーメーカーである」

Wacacoは、日常的にコーヒーを楽しむ人に最小限のツールを提供するように設計された革新的な携帯コーヒーメーカーを開発し、旅行熱に誘われるままにあらゆる場所を訪問する際に必要なカフェインを活性化させる。

写真とビデオはウェブサイトhttps://wacaco.coffee/pipamokarelease で閲覧できる。

ウェブサイト:www.wacaco.com 、https://www.wacaco.com/pages/pipamoka

ソース:Wacaco

▽問い合わせ先
Hugo Cailleton
Co-Founder
media@wacaco.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ