プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

QNB Group

QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

QNB Groupが2019年12月31日までの年次決算を発表

AsiaNet 82520 (0078)

【ドーハ(カタール)2020年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】中東・アフリカ地域最大の金融機関QNBは2019年12月31日までの年次決算を発表した。

2019年12月31日までの年間純利益は前年比4%増の144億カタール・リヤル(QAR)(39億米ドル)に達した。総資産は2018年12月比で10%増えて9450億QAR(2590億米ドル)となり、QNBグループの歴史で最高水準の決算となった。

取締役会は額面株式価格の60%(1株0.60QAR)の配当金分配を総会に勧告した。2019年決算と利益分配はカタール中央銀行(QCB)の承認が必要である。

10%増の6790億QAR(1860億米ドル)に達した融資と株価の堅実な拡大が総資産の増加に貢献した。これは主として、2018年12月31日から10%増えて6840億QAR(1880億米ドル)となった強力な顧客預金創出が財源となった。QNBは2019年12月31日現在、99.2%の健全な預貸率を達成している。

持続可能な収益創出源の獲得に加え、25.9%の強い経費効率(経費対収入)比で示される経営効率は、地域の大手金融機関で最高水準とみられる。

総融資額に対する不良債権の比率は2019年12月31日現在1.9%で、中東・アフリカ地域の金融機関で最低水準となり、グループの融資内容の質の高さと信用リスクの効果的管理を反映している。引当金計上に関するグループの保守的方針で、2019年12月31日現在の信用リスク負担率は100%である。自己資本は7%増の950億QAR(260億米ドル)。1株当たり利益は前年の1.44QAR(0.39米ドル)に対し、1.45QAR(0.40米ドル)となった。

2019年12月31日のグループの自己資本比率(CAR)は18.9%で、カタール中央銀行とバーゼル委員会の規制最低要件を上回った。

▽グループのデータ
QNBグループは2万9000人の従業員が1100カ所余と4300台余のATMで約2500万の顧客ベースにサービスを提供している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1076437/QNB_Group_Headquarters.jpg

ソース:QNB Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ