プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

早稲田大学

慢性腎臓病により体内時計が乱れることを発見

2020.01.14

早稲田大学

慢性腎臓病により体内時計が乱れることを発見

本発表の詳細は、早稲田大学のホームページをご覧ください。
https://www.waseda.jp/top/news/67961

■発表のポイント
・慢性腎臓病により体内時計の乱れが起き、結果として腎機能をさらに悪化させることを発見
・生活習慣を整えることで体内時計の乱れを防ぎ、腎臓病悪化の予防に繋がる可能性がある
・体内時計が乱れるメカニズムをさらに解明することで、新たな体内時計調節薬、腎臓病治療薬の開発につながることが期待される

■概要
早稲田大学理工学術院の田原優(たはらゆう)准教授および本橋弘章(もとはしひろあき、2018年3月卒業)、横浜市立大学医学部の涌井広道(わくいひろみち)講師、University of California Los AngelesのChristopher S. Colwell教授の研究グループは、慢性腎臓病モデルマウスを用い、慢性腎臓病により中枢や末梢臓器の体内時計の乱れが起き、それにより睡眠・覚醒パターンや血圧、腎機能の昼夜差が失われ、結果として腎機能をさらに悪化させることを発見しました。
本研究成果は、『Kidney International』に2020年1月13日午前9時(UTC、協定世界時)に掲載されました。

■論文情報
雑誌名:Kidney International  (国際腎臓学会の学術誌)
論文名:The circadian clock is disrupted in mice with adenine-induced tubulointerstitial nephropathy
DOI:https://doi.org/10.1016/j.kint.2019.09.032

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ