プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Parsons Xtreme Golf

PXG 0311 GEN3アイアンは画期的性能と信じられない感触を備えた新製品

PXG 0311 GEN3アイアンは画期的性能と信じられない感触を備えた新製品

AsiaNet 82456 (0057)

【スコッツデール(米アリゾナ州)2020年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*グローバルなゴルフ用品企業、PXGが現状打破のImpact Reactor Technologyを初公開

世に知られた高性能ゴルフ用品企業、PXGが新Impact Reactor Technology(インパクトリアクター技術)を搭載した最新イノベーションであるPXG 0311 GEN3アイアン(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2686924-1&h=318018268&u=https%3A%2F%2Fwww.pxg.com%2Fen-us%2Fclubs%2Firons&a=PXG+0311+GEN3+Irons )を公開した。

Video – https://mma.prnewswire.com/media/1063986/Parsons_0311_GEN3_Irons.mp4
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1063984/PXG_0311_GEN3_Irons.jpg

PXGの創業者兼最高経営責任者(CEO)ボブ・パーソンズ氏は「PXGを有名にした主力製品0311アイアンをわれわれが発売したとき、それはまさに並外れたものだった。われわれが研究開発の努力を続けても、その手法は変わっていない。新製品のGEN3アイアンは当社史上最高のアイアンで、顧客が期待するようになり、われわれが販売を誇りに思うものである」と語った。

PXG 0311 GEN3アイアンは、強度と耐久性で選定された最高品質の8620ソフトカーボン鋼でできている。この素材は粒状構造を強化し、5セットの機器を使ってクラブヘッドを形成するよう鋳造される。次いで、背面をCNC(コンピューター数値制御)でプレスして、極めて正確かつ高性能のボディーデザインを生み出す。GEN3アイアンはまた、PXGの特徴的なPerimeter Weighting Technology(境界重み付け技術)を使い、切削溝がある。

新Impact Reactor Technologyは、構造を安定させる高強度ポリマーの外核、およびインパクトでボールに最大のエネルギーを伝える軟質ポリマーの内核を融合させるDualCORシステムで成り立っている。Impact Reactor TechnologyはPXGの極薄フェースと合わせれば、ロード時間を増やして距離を伸ばし、信じられない感触を生み出す。

PGAツアーで優勝したザック・ジョンソン選手は「距離が伸びてもコントロールしなければならない。GEN3アイアンで見たものを、ほかのアイアンでは見たことがない。同じスピン、同じ最適軌道でもっと距離を稼げる。申し分ない」と話した。

GEN3アイアンはまた、業界をリードするRobotic Polishing(ロボット研磨)工程を導入している。事実上、ソールとフェースの形状不一致を一掃するものである。クラブは次に、長期的摩耗と耐久性の改善に役立つ新Satin Nickel/Chrome Plating(サテン・ニッケル/クロムメッキ)工程で仕上げられる。

3種類-Tour(T)、Players(P)、Xtreme Performance(XP)-のPXG 0311 GEN3アイアンは、あらゆるレベルのプレーヤーのニーズにも対応するようデザインされている。詳しい情報はwww.PXG.com を参照。

▽PARSONS XTREME GOLF について
Parsons Xtreme Golf(PXG)は米国の企業家で慈善家のボブ・パーソンズ氏が創業し、世界最高のゴルフクラブを製造している。PXG はドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、ウェッジ、パターなどの右打ち、左打ち用のクラブをフルラインアップで取りそろえている。

▽問い合わせ先
Leela Brennan
Parsons Xtreme Golf
press@pxg.com
+1 (480) 387-5591

ソース:Parsons Xtreme Golf

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ