プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL

TCLがイノベーションを評価され、CES 2020で8K QLEDテレビ・ゴールド賞を受賞

TCLがイノベーションを評価され、CES 2020で8K QLEDテレビ・ゴールド賞を受賞

AsiaNet 82455 (0053)

【ラスベガス2020年1月9日 PR Newswire=共同通信JBN】世界のテレビ産業で有数の企業であるTCL Electronics(1070. HK)は、CES 2020でInternational Data Group(IDC)から最高の栄誉を受賞した。同社が受賞した素晴らしい栄誉は「8K QLED TV Gold Award 2019-2020(2019年-2020年・8K QLEDテレビ・ゴールド賞)」で、同社プレミアムモデルXシリーズのX915に対して贈られた。

この賞はTCLの優れた製品競争力と業界をリードする革新的技術を評価するものである。

この賞は、米ネバダ州ラスベガスのWynn & Encore Hotelで1月8日にIDGの後援により開催されたGlobal Top Brands Award Ceremony(世界トップブランド授賞式)で授与された。世界的な専門家と影響力のあるメディアの審査員が受賞者を決め、ブランドのさまざまな側面を考慮した。受賞者はイノベーションにおける力を示し、産業の最前線にいることを明らかにする必要がある。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200109/2686793-1
(写真説明:TCL QLEDテレビ8K X915)

TCL Industrial HoldingsとTCL Electronicsのケビン・ワン最高経営責任者(CEO)は「TCLは革新的な技術を使って生活をインテリジェントにしている。当社は全世界の顧客に最高の視聴体験を提供することにこだわり続けている」と述べた。

X915はTCLの主力であるXシリーズで最新のQLEDモデルで、画期的なディスプレー技術に支えられた最高のエンターテインメント体験をユーザーに提供する。X915には75インチと65インチのモデルがあり、8k、量子ドットディスプレー技術、Dolby Vision(R)HDR画像技術を特徴とするTCL QLEDテレビである。向上したコントラストと極めて鮮明な画像をもたらす精密なバックライト制御を可能にするローカルディミング技術を採用している。IMAX Enhanced(R)(http://www.imaxenhanced.com/ )の認証を受けており、最高品質の家庭内エンターテインメント体験を実現する。

X915はオンキヨーのオーディオシステムとDolby Atomos(R))没入型オーディオも採用、室内に鳴り響き、息をのむ迫真性に包まれるような音響によって比類のないリスニング体験を実現している。

*製品の仕様とサイズは地域によって異なる。製品の購入は現地の発売プランによって異なる。

*Dolby、Dolby Atmos、Dolby VisionはDolby Laboratories, Inc.の登録商標である。

▽TCLについて
TCL Electronics(1070. HK)は急成長している消費者エレクトロニクス企業で、世界のテレビ産業を先導している。1981年に中国で創業し、現在は全世界160以上の市場で事業展開している。TCLはテレビ、オーディオ、スマートホーム製品に及ぶ消費者エレクトロニクス製品の研究、開発、製造を専門にしている。

ソース:TCL

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355383

TCL QLEDテレビ8K X915
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ