プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ユニシス株式会社

日本ユニシス トヨタホーム愛知(名古屋市)×「MY HOME MARKET®」サービス開始

2020年1月9日

日本ユニシス株式会社

日本ユニシス
トヨタホーム愛知(名古屋市)×「MY HOME MARKET®」サービス開始
~ 住宅メーカーに「バーチャル住宅展示場」と「規格住宅」の波、
消費者の住宅購入における環境変化に対応 ~

日本ユニシスが展開する、VR(仮想現実)を活用したバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」で、中京圏大手であるトヨタホーム愛知オリジナルモデル「D+(ディープラス)」の販売を開始しました。
「MY HOME MARKET」は、自宅や外出先の空き時間に、スマホやパソコンでVRによる内覧を行ない、価格の見積もりまでを完結できるサービスです。内覧できるのは、ハウスメーカーが事前に用意した内装などの資材やデザインを自分で選んで決める「規格住宅」です。2019年10月から楽天市場にも出店しています。
トヨタホーム愛知は、住宅販売のメインターゲット層がスマホ世代であること、VRのクオリティーの高さ、「MY HOME MARKET」を通して自社ファンの獲得を期待、などの理由により「MY HOME MARKET」採用に至りました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001085504-O1-1k72eK7l
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001085504-O2-0qzOg1o1

【住宅販売における環境の変化】
住宅販売を取り巻く環境は大きく変化しています。購入のターゲット層は共働き世帯が増え、従来のように家族で繰り返し住宅展示場に足を運び、時間をかけて家づくりを検討できるお客さまの数には限界があり、「住宅展示場離れ」が進んでいます。
しかし、共働き世帯が住宅の購入を諦めているわけではなく、ミレニアル世代(2000年以降に成人、社会人になる世代)としてスマホやパソコンに慣れ親しんでいるため、家づくりも、まずはインターネットで情報を集めて効率的に検討したいと考える傾向があります。
一方、ハウスメーカーでは、人手不足などを背景に「働き方改革」に取り組んでいる中、お客さまに住宅展示場で内覧してもらい、商談を経て契約に至るまでの業務量を減らすことは現状のままでは難しく、営業や現場の設計や工事の担当者の負担も増えており、販売戦略の転換期を迎えています。
【共働き世帯にスキマ時間を活用した住宅探しを提案】
「MY HOME MARKET」は、スマホやパソコンからいつでもどこでも無料でアクセスすることができます。高精細のVRを通して、実際に住宅展示場で内覧したような臨場感で住まいの完成時のデザインや間取りを見ることができます。
バーチャル住宅展示場は、家族と過ごす自宅や外出先での“スキマ時間を活用した気軽な住宅探し”を可能にします。
お客さまは「MY HOME MARKET」上で具体的なイメージを十分に膨らませてから、気に入った住宅の営業担当者と直接やり取りを始めます。「MY HOME MARKET」で最終的な価格の見積もりを計算することができるので、これまで10回以上になることも多かった営業担当者との打ち合わせが2、3回で終わらせることができます。
これにより、ハウスメーカーも、契約までにかかる時間やコストが従来に比べて大幅に圧縮され、従業員の働き方改革にも貢献します。
以 上
【トヨタホーム愛知オリジナルモデル D+】
D+は、トヨタホームが誇る60年という「長期保証」+鉄骨ラーメン構造に依る「災害に強い家」という2つの特徴に、トヨタホーム愛知オリジナルの上質なインテリアに圧巻のファサード、外壁タイルなどのデザイン性と、全館空調「スマートエアーズ」やカセットボンベで発電が出来る「エネポ」など、快適性や非常時対応などを追求しています。

■「MY HOME MARKET」とは
「MY HOME MARKET」は、ミレニアル世代の購買行動が変化する中、従来の住宅展示場への集客とは異なる、時代に即した販売ツールとして注目を集めています。大手ハウスメーカーでも「MY HOME MARKET」の仕組みを営業ツールとして採用する動きが広がりつつあり、すでに成果を上げているところもあります。「MY HOME MARKET」は、VRという最新テクノロジーで、お客さまのニーズに寄り添った家づくりと住宅業界の課題解決を同時に実現します。

「MY HOME MARKET」採用企業(50音順):旭化成ホームズ、ウッドフレンズ、ジブンハウス、新昭和ウィザース東関東、新昭和FCパートナーズ、土屋ホーム、前正ホーム

「MY HOME MARKET」は「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001085504-O3-k5PD25tW

■関連リンク
「MY HOME MARKET」 https://myhomemarket.jp/
バーチャル住宅展示場 「MY HOME MARKET」 
https://www.unisys.co.jp/solution/lob/manufacturing/house/myhomemarket/

トヨタホーム愛知株式会社 https://www.toyotahome-aichi.co.jp/

※MY HOME MARKETは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

外観
内観
ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ