プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

SAI Global

SAI360リスク管理プラットフォームが信頼と倫理を最新リリースと結び付ける

SAI360リスク管理プラットフォームが信頼と倫理を最新リリースと結び付ける

AsiaNet 82432 (0044)

【シカゴ2020年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*SAI Globalの、BWise買収以来初の主要なプラットフォームリリースは、運用制御と人間の行動を結び付ける機能でユーザー体験を再定義
*倫理学習を、自動化されたリスクおよびコンプライアンスプロセス・ワークフローと統合する市場で最も完全なアプローチ
*新たなリリースは、統合されたビジネス分析によりリスクとコンプライアンス、エンタープライズデータの可視性を拡大し、リポートワークフロー強化を継続
*組織のレジリエンスにおけるイノベーションにより、重要なエンタープライズデータのセキュリティーと制御を維持しつつ、生産性における障害を取り除く

SAI Globalは世界をリードするリスク管理プラットフォームであるSAI360の次のメジャーリリースを発表した。企業文化の中心に信頼と倫理をしっかりと置き、コンプライアンスチームおよびリスクチームをサポートするために重要なイノベーションを提供する、より完全なプラットフォームはこれまで市場に存在しなかった。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200107/2684486-1

SAI Globalのピーター・グラナット最高経営責任者(CEO)は「新しい年に信頼と誠実さが中心となるステージでは適切なツールを前に、適切な行動で適切な人材を獲得することが極めて重要である。リスクチームおよびコンプライアンスチームは、風評リスクと人間の行動に対する制御と可視性に欠けるリスクマトリックス全体で、サイロ化された一貫性のない経験にあまりにも長期にわたり対処してきた。当社の最新の機能強化は、レジリエンスを構築、促進し、ビジネス価値をもたらす機能を提供する業界の重要な瞬間を表している。常に、透明性向上、効率性向上、データ品質向上、およびリスクと規制コンプライアンスの全体的な管理の改善が可能になる」と語った。

その結果、コンプライアンスおよびリスクの専門家が運用上および戦略上のリスクとコンプライアンスの義務を管理、評価し、間接費を最小限に抑え、すべての運用にわたり最大のアドバンテージポイントを提供する機能の高速作動スイートが実現した。SAI360には以下の機能がある:

*カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)、グローバルな貿易コンプライアンス、職場の多様性、反贈収賄・反汚職などの倫理および学習コンテンツを、違反の潜在的可能性の問題を作成・調査するための自動化されたワークフローと統合
*レジリエンスサマリー、ファシリティー統計、BIA結果リポートなどで事業継続性を管理するための報告および可視化を強化
*強化されたレポート、自動化されたリスク評価、自動化されたワークフロー、広範なナレッジベースとリソースにより、サードパーティーおよびベンダーのリスク活動に優先順位を付け、増大するデータプライバシー規制に費やす時間を削減
*データプライバシー、セクシャルハラスメント、グローバル貿易コンプライアンス、価値に基づく行動規範など75の新しい魅力的な学習体験で、倫理とコンプライアンスの文化を強化
*RegRoom、StateScape、RegScanなどの認定パートナーからの自動アラートと自動コンテンツ更新により、規制変更管理コストを削減
*環境、健康、安全のリスクを管理し、事件や事故を防ぎ、優れた運用を実現するために、あらゆるレベルでの従業員の関与を改善

SAI Globalのアントン・リッソーネ最高技術責任者は「当社の最も初期の顧客はSAI Globalを導入し、高度に拡張されたコンプライアンスソリューションをクラウドに展開した。SAI Globalの専門知識とコネクテッドリスクの遺産に対する需要が増大し続けているため、中核的な強化を施した最新リリースでコンプライアンスチームとリスクチームをさらにエンパワーしつつある。SAI360はエンドユーザーから始まり、直感的で操作しやすいユーザーインターフェイス(UI)を備えた、最新かつ合理化され高度な業界アプリケーション全体の体験に新しい基準を設定する」とコメントした。

SAI360のエンドユーザー強化は以下の通り:

*リスクデータをソースから効率的かつシームレスに保存、マイニング、抽出して、あらゆるレベルのリスクを運用上および包括的に把握
*プロセスの計画と構築、優先度と期限の設定、情報の共有、タスクの割り当て
*新しい構成オプションを使用してリアルタイムでデータを分析し、リスク、コンプライアンス、内部統制のダッシュボードを可視化

このリリースによりSAI Globalは、ヘルスケアおよび金融サービスの高度に規制されている組織のエンドユーザーのニーズにさらに対応し、よりレジリエントな企業向けのプロセスを作成する。ヘルスケア業界では、SAI360 for Healthcareが高度な機能を強化して、ヘルスケアプロバイダーの複雑な還付の問題に対応している。米国のヘルスケア顧客は支払い督促を「常時」継続的に監視することにより、潜在的に危険のある決済と支払い拒否を検出し、収入の整合性を改善することができる。

SAI Globalが最近買収したBWiseからの技術に基づき、金融サービス組織は現在、SAI360 for Financial Servicesの最新リリースにより、リスク管理および規制変更管理機能を強化している。

強化された機能に関しては以下を参照: https://www.saiglobal.com/risk/sai360-platform/whats-new-risk-management

▽SAI Globalについて
SAI Globalは、組織がリスクを積極的に管理して信頼を構築し、ビジネスの卓越性、成長、および持続可能性を実現することを支援している。当社の総合リスク管理ソリューションは、主要な機能、サービス、およびリスクライフサイクル全体で機能するアドバイザリーサービスを組み合わせたもので、企業はそれ以外のことに集中できる。これらのツールと知識によって、クライアントは総合的なリスク認識をつくり上げることができる。当社のSAI360プラットフォームの動作を確認するには、無料デモのリクエストを。

当社は、欧州、中東、アフリカ、米州、アジア、太平洋の各地にグローバル展開している。詳細な情報はhttps://www.saiglobal.com/risk を参照。

ソース:SAI Global

添付画像リンク先:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355239

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ