プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハイセンス(Hisense)

ハイセンスがスマートTVプラットフォーム、VIDAA最新版の世界販売を発表

ハイセンスがスマートTVプラットフォーム、VIDAA最新版の世界販売を発表

AsiaNet 82428(0042)

【ラスベガス2020年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】ハイセンス・インターナショナル(Hisense International)会長のラン・リン博士は、6日にラスベガスで開かれた報道機関向けイベントで、ハイセンスのスマートTVプラットフォーム、VIDAAを全面的にリニューアルした最新版の世界販売を発表した。2014年のデビュー以来6年で、このオープンなスマートTVオペレーティングシステムは世界的に強力な競争相手となり、世界中で2000万超がインストールされている。ユーザーインターフェースを一新し、コンテンツプロバイダーを取り込んだ最新のプラットフォームは、ユーザーとその習慣をテレビ体験の中心に据えている。そのことを念頭に置いたこのプラットフォームは、一元化されたユーザー管理、広告、課金システムを組み込み、ユーザー体験を簡素化し、顧客が楽しむコンテンツによりダイレクトにアクセスできるようにしている。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200108/2685133-1
(写真説明:スマートTVプラットフォーム)

リン博士は「Vidaaは、最高のグローバルパートナーとローカルパートナーからコンテンツを集めている。当社は既に、Netflix、Prime Video、YouTube、Red Bull TV、Deezer、DAZN、楽天TV、Hungamaなどとグローバルパートナーになっている。最新のアップデートで、スポーツ主体のライブTVストリーミングサービス、fuboTVとの新たなパートナーシップがプラットフォームに加わった。fuboTVのアプリケーションはVidaa OSを搭載した全てのハイセンスTVにプリインストールされており、リモコンの『スポーツ』ボタンをクリックすることでシームレスに好みのスポーツ体験にアクセスすることができる」と語った。

fuboTVをVidaaに取り込んだことで、全てのメジャーリーグ(NFL、NBA、MLB、NHL)に加えて大学スポーツ、ローカルや地域の試合がプラットフォームにもたらされ、直感的なユーザーインターフェース内で簡単にアクセスし、収集・整理できる。さらに、fuboTVは4Kでスポーツへのストリーミングアクセスを提供する数少ないプロバイダーの1つで、まさに究極の視聴体験を提供してくれる。fuboTV for Vidaaは、さまざまなエンターテインメントやニュース番組へのアクセスも取り揃えている。

音楽にも、同様のダイレクトアクセス機能が実装されている。音楽の世界を案内する専用の音楽ストリーミングサービスであるMusic on YouTubeへのダイレクトなアクセスが、これまでになく簡単になった。ボタンをワンクリックするだけで、YouTube Musicでお気に入りのミュージックアーティストとミュージックビデオをチェックできる。

「スポーツと音楽という柱とは別に、このプラットフォームには2つの収集・整理機能が追加された。ハイセンスは、Vidaa Artの製作で、世界有数のデジタルアートコミュニティー、DeviantArtと提携した。2000年に設立されたDeviantArtには、4800万を超えるメンバーから3億7千万点以上のオリジナルアートが提出されている。何百人もの才能あふれるアーティストのデジタルアートをVidaaユーザー全員が無料で利用でき、リビングルームをライブギャラリーに変えることができる」。この機能は、DeviantArtアプリがプリインストールされている全てのHisense Vidaa TVのダイレクトアクセスボタンで利用できる。Vidaaの製作者は、プラットフォーム上で最高の無料の広告サポートコンテンツを集約し、それを統合されたシームレスな形で提示することにも多大な努力を払ってきた。ダイレクトアクセスボタンでアクセスできるVidaa Freeは、既にPlutoTV、TubiTV、Xumoなどを取り込んでおり、定期的に新たなグローバルパートナー、ローカルパートナーを追加している。

ハイセンスが世界に提供する1つの重要な取り組みが、大画面上での教育への無料アクセス提供である。ハイセンスがマーケットリーダーとして市場の3分の1を超えるテレビを販売している南アフリカで、ネルソン・マンデラ財団が支援するNGO、Mindsetと提携して、6-18歳の子供向けに5000以上の教育ビデオを大画面に提供しているのはこのためである。このユニークな取り組みは、世界中の他の市場にも拡大される予定である。

ハイセンスは今年第1四半期に、米国を除く世界の120を超える地域でこの最新のVidaaプラットフォームを発売、その国際的な広がりをサポートしている。

2014年にデビューしたVidaaは、現在Hisense TVに採用されているオープンオペレーティングシステムで、わずか6年でスマートTVプラットフォーム界で世界的に強力な競争相手になった。Vidaaは、2020年には4.0 Vidaaにアップグレードされ、新しいHisense TV全てにプリインストールされる。Vidaaは、Vidaaユーザーのために、最高のグローバルパートナー、ローカルパートナーからコンテンツを集めている。

ソース:Hisense

画像添付リンク
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355222

スマートTVプラットフォーム
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ