プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

クエスト・グローバル(QuEST Global)

クエスト・グローバルがZinnovの自動車ER&Dゾーンでリーダーと認められる

クエスト・グローバルがZinnovの自動車ER&Dゾーンでリーダーと認められる

AsiaNet 82414 (0035)

【ベンガルール(インド)2020年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*ボディーエンジニアリングでリーダーシップゾーンに位置付け

グローバルな製品エンジニアリングとライフサイクルサービスの企業、クエスト・グローバル(QuEST Global)(https://www.quest-global.com/ )は、同社がZinnov Zones 2019 Automotive Engineering and R&D(ER&D)Services reportでリーダーに位置付けられたと発表した。業界のベンチマークを設定するこのレポートは、全般的な自動車ER&D(エンジニアリング研究開発)を評価するためにグローバルなエンジニアリングサービスプロバイダー26社の総合的な評価を完了した後、Zinnovによって発表された。エンジニアリングサービスプロバイダーは、先進運転支援システム(ADAS)、ボディーエンジニアリング、コックピット電子機器、電動パワートレイン、テレマティクスなどさまざまな自動車マイクロバーティカルの30以上のパラメータおよびサブパラメータに基づき評価された。

レポートの中でZinnovは、クエスト・グローバルのボディーエンジニアリングにおけるリーダーシップ能力を認め、とりわけインテリア、エクステリア、ダッシュボード、センターコンソールなどに適用されたコンセプト、スタイリング、デザイン、モデリングおよびシミュレーションについての同社の深い専門知識を考慮した。Zinnovはまた、コックピット電子機器、ADAS、パワートレインにおいてクエスト・グローバルの能力が向上し続けていることを認め、これらのセグメントにおいて同社を執行ゾーン(execution zone)に位置付けた。このような評価は、人々が移動し、生活し、働き、関与し合う方法を進展させることにより、同社が顧客のCreate the Frontier達成を実現していることを真に反映するものである。

Zinnovのパートナー兼プラクティス部門責任者であるシドハント・ラストギ氏は「クエスト・グローバルは自動車サービスで大きな成長を達成し、その結果がZinnovの自動車ER&Dサービス・ゾーンでのリーダーシップの地位である。デジタル能力を保持するためのクエストのオンショアの事業所とMobiliya(モビリヤ)、Exilantなどの買収企業への継続的な投資は、同社が顧客のワレットシェアを拡大することに役立っている。ADASやテレマティクスなど、より新しいマイクロバーティカルへの進出と更に幅広い提供物で、クエスト・グローバルは自動車サービスでリーダーとしての地位を堅固なものにした」と述べた。

クエスト・グローバルの輸送業部門担当グローバル・インダストリー・リーダーであるベルトルト・プフタ氏は、今回の功績にコメントし「クエスト・グローバルでの不変の取り組みは、当社の顧客の新たなニーズを理解し、クラス最高の斬新なエンジニアリングソリューションで顧客を喜ばせることである。Zinnovからの今回の評価は、顧客の特定のニーズに向けたソリューションを綿密に作成し彼らのビジネスへのポジティブな影響を確かなものとするというわれわれの信念を強固にする」と語った。

同氏はさらに「家電、インターネット接続、クラウドコンピューティング、群知能を利用することができる新たな自動車アーキテクチャーが出現しつつある。これは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)およびElectric(電動化)(CASEまたはACES)の各技術を実現することでモビリティの未来を形作りつつあり、われわれは急速に進化しているテクノロジー環境で顧客が直面している複雑な問題を解決することにコミットしている」と付け加えた。

信頼される思考パートナーとして、クエスト・グローバルは過去20年間にわたり、自動車業界において世界で最も評価が高い企業と提携してきた。同社は人々が運転し、旅行し、交流し合う方法を進展させることによって、同社の顧客がCreate The Frontierを達成できるようにコミットしている。メカニカル、エレクトロニクス、ソフトウエア、デジタルエンジニアリングのイノベーションの融合の最前線を走る同社は、OEMおよびティア1サプライヤーが最終顧客にコネクテッド・エンジニアリング体験を提供するための要望の高まりに応えることを支援している。総合的なエンジニアリング・サービスおよびソリューションを開発することによって、クエスト・グローバルは新時代のエンジニアリング課題を克服するために自動車関連顧客と提携し、今日のデジタル時代において製品をより安全かつ信頼されるものにしている。

▽クエスト・グローバルについて
クエスト・グローバルは20年以上にわたり、航空機エンジン、ハイテク、航空宇宙・防衛、輸送(自動車・鉄道)、電力と産業、石油・ガス、医療機器産業で世界で最も認められた多数の企業にとって、信頼のおけるグローバルな製品エンジニアリングとライフサイクルサービスのパートナーとなることを目指してきた。15カ国に展開し、67のグローバル・デリバリーセンターと1万2500人を超える社員を擁するクエスト・グローバルは、より安全で清潔な世界に向けたソリューションを開発する機械、エレクトロニクス、ソフトウエア、デジタル工学のイノベーションの最前線にいることを確信している。クエスト・グローバルの深い専門知識とデジタルの専門技術により、顧客が製品開発とイノベーションサイクルに拍車を掛け、新たな収入源を生み出し、消費者体験を充実させ、製造工程と業務をより効率的にすることを目指している。

▽Zinnovについて
2002年に創業したZinnovはベンガルールに本社を置き、グルグラム、シリコンバレー、ヒューストンに展開している。創業以来、Zinnovは製品エンジニアリングとデジタル転換において深い専門知識を構築してきた。同社は以下によって顧客を支援している:
*製品エンジニアリングとデジタル転換の分野でのソフトウエアサービスプロバイダー向けのリサーチと戦略コンサルティング
*より高いスループット、イノベーション、生産性、コスト削減を達成するため、企業のグローバルなエンジニアリングパートナー戦略の開発と最適化を実現
*インドと他の新興市場における企業の製品・サービスの売上げを拡大
*MNC GIC(多国籍企業のグローバル・インハウス・センター)の地理的フットプリントの強化に役立つ

経験豊かな専門家と研究者のチームを擁するZinnovは、米国、欧州、日本、インドのソフトウエア、半導体、家電、自動車、ストレージ、電気通信・ネットワーク、ヘルスケア、銀行、金融サービス・小売業のクライアントにサービスを提供している。詳細はhttp://zinnov.com を参照。

ソース:QuEST Global

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ