プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Benteler AG

ラスベガスCES 2020でBENTELERが新しい挑戦へ

ラスベガスCES 2020でBENTELERが新しい挑戦へ

AsiaNet 82396

【ザルツブルグ、オーストリア・ラスベガス、2020年1月7日】

・ラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)にBENTELERが初出展
・今回のCESで、BENTELERはeモビリティー商品の推進を目的としたSonyとの業務提携を発表
・今回のCESで、大規模な電気自動車プラットフォームであるBENTELERのエレクトリック・ドライブ・システム(BEDS)がアメリカ初公開となる

PRNewswire — ラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)において本日、BENTELERがSonyとの業務提携を発表しました。Sonyは優れた技術を誇るクリエイティブ・エンターテインメント企業です。Sonyはモビリティー商品を開発することで新しいビジネスチャンスを発掘したいと考えています。今回のショーでは、Sonyは安全性、信頼性、快適性と車内でのエンターテインメント性をさらに向上させるため、様々な技術を集結したプロトタイプ自動車を公開しました。BENTELERはこの自動車の主要部品を提供する役割を担っています。

さらに、BENTELERはBoschのブースでエレクトリック・ドライブ・システムも出展しています。BENTELERとBoschはeモビリティーにおける開発業務提携を結んでおり、ここ数カ月間には、ローリング・シャーシ商品のさらなる改良に成功しました。両社はCESを通してeモビリティー商品を市場新規参入者に宣伝し、より多くの企業に市場介入しやすい環境を整えることを目指しています。顧客は両社が提供する商品を利用し、コストを削減することができるようになります。 

BENTELER、豊富な自動車知識をeモビリティー関連業者に提供
BENTELER自動車のエレクトロ・モビリティー部門副代表であるマルコ・コルメイヤー氏は、「電気自動車の人気は急速に高まってきています。我社では豊富な自動車知識を利用して、既存・新規の電気自動車製造業者を支援し、BENTELERエレクトリック・ドライブ・システムのような発明を通して、顧客をサポートします。これにより、各企業がeモビリティー関連の新規ビジネスチャンスに乗り、新しい商品を開発することを奨励していきます。」とコメントしています。

BENTELERがSonyのプロトタイプ自動車開発を後押し
BENTELERの持つ自動車関連知識を利用している企業の一つが、Sonyです。自動車産業に対する企業貢献の一部として、Sonyはプロトタイプ自動車を開発し、BENTELERがその主要部品を提供しました。世界トップの自動車製造産業パートナー企業として、BENTELERは自動車のバリューチェーン全体、そしてeモビリティーにおける競合力に関してずば抜けた知識量を有しています。従って、BENTELERは今回Sonyが開発したようなプロトタイプ自動車を製造する上で、必要不可欠な存在と言えます。

Boschとの業務提携により、優れたeモビリティー商品を顧客に提供
CES 2020で、BENTELERのエレクトリック・ドライブ・システムが北アメリカ大陸に向けて初公開となります。この商品は、Boschのブースで展示されます。このシステムは電気自動車の大規模プラットフォームで、すでに実装可能となっています。このシステムにより、電気自動車の製造業者は数年毎の開発・テストサイクルをする必要がなくなります。同システムは、統合衝突管理システム、柔軟かつ大容量の充電池、そして統合温度管理システムといった多くの機能を搭載しています。BENTELERとBoschの業務提携は2019年4月に発表されました。
BENTELERにとっては、CESへの出展は今回が初めてとなります。CESは世界で最も大きな注目を集めるテクノロジー関連のイベントで、全世界に向けてeモビリティーのような自動車関連技術など次世代の発明品が発表される場となっています。CES 2020はアメリカラスベガスにおいて1月7〜10日まで開催されます。BENTELERのエレクトリック・ドライブ・システムはセントラルホールの12401ブースに展示されています。

BENTELERについて
BENTELERは世界的に有名な家族経営企業で、自動車技術、エネルギー部門、そして機械工学の分野で活躍しています。常に一歩前進し続ける企業として、安全関連商品や、システム・サービスなども開発、製造販売しています。
2018年度には、同グループの収入は80億7200万ユーロに上りました。オーストリアのザルツブルグに本社を置くBENTELERインターナショナルAGの戦略的保有下で、同グループはBENTELER自動車とBENTELERスチール・チューブという部門に分けられています。 同社では28カ国96箇所で30,000人の従業員を雇用しており、製造販売において卓越した競争力を誇っています。BENTELERはお客様のニーズがあるところならどこへでも、最高のサービスをお届けする所存です。
BENTELERー1876年以来、熱意あふれるスタッフによる最高のサービスを提供しつづける企業
www.benteler.com       

BENTELER自動車について
BENTELER自動車は世界トップクラスの自動車製造会社の開発パートナーとなっています。同社は約25カ国にまたがる70箇所以上の工場で26,000人の従業員を雇用しており、顧客のニーズにピッタリ合う商品を一つ一つ開発しています。BENTELER自動車の製品はシャーシ、車体、エンジン、排気システムの部品やモジュールから電気自動車関連商品にまで多岐に渡っています。
www.benteler-automotive.com/

BEDS、Boschとの開発業務提携について
CES 2020において、BENTELERはエレクトリック・ドライブ・システムを出展することになっています。このシステムは電気自動車の大規模プラットフォームで、すでに実装可能となっています。このシステムにより、電気自動車の製造業者は数年毎の開発・テストサイクルをする必要がなくなります。同システムは、統合衝突管理システム、柔軟かつ大容量の充電池、そして統合温度管理システムなど、多くの機能を搭載しています。
BEDSシステムは、BENTELERの開発パートナーであるBoschのブースで展示されます。両社の業務提携は2019年4月に発表されたもので、2つの会社の専門性を持ち寄ることで、モジュラー電気ローリング・シャーシのプラットフォームにおけるシステム統合を目指しています。BENTELER はローリング・シャーシの存在が自動車産業界で製品やシステム開発に及ぼす影響について深く理解しているため、機械面での統合を管轄します。Boschはソフトウェアとシステムの統合・サービスを含めた電気部品やサブシステム(自動車制御ユニット、電気ドライブ、電力ステアリング、ブレーキシステム等)を担当します。

https://www.benteler-automotive.com/de/produkte-kompetenzen/electro-mobility/benteler-electric-drive-system-20/

(ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1061381/Benteler_AG_Logo.jpg)
(写真: https://mma.prnewswire.com/media/1061382/BENTELER_Electric_Drive_System.jpg)

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ