プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オンワード・セキュリティ社(Onward Security Corporation)

オンワード・セキュリティ社がエンタープライズ・セキュリティ・スタートアップ上位10社に選ばれる

オンワード・セキュリティ社がエンタープライズ・セキュリティ・スタートアップ上位10社に選ばれる

AsiaNet 82325

オンワード・セキュリティ社がEnterprise Security Magazine誌のアジア太平洋地域のエンタープライズ・セキュリティ・スタートアップ上位10社に選ばれる

【台北2020年1月8日PR Newswire】

*選抜された理由は、同社のセキュア・バイ・デザインのアプローチにあり

アジア太平洋地域におけるセキュリティ市場とイノベーションの急拡大を踏まえ、セキュリティ専門誌のEnterpirse Security Magazineは、Top 10 Enterprise Security Startups in APAC(アジア太平洋地域のエンタープライズ・セキュリティー・スタートアップ上位10社)を選出しました。Onward Security社は、同社のセキュア・バイ・デザインへのアプローチとおよびIoT/IIoT に関するソリューションによって認定され選出されました。同社は、この上位10社の中で唯一の台湾企業になります(その他企業の国はイスラエル、オーストラリア、日本、シンガポールなど)。IoT情報セキュリティにおける Onward Security社の取り組み並びその成果は、国際セキュリティ業界の中で広く認知されてきました。

▽企業自らがセキュリティ・コントロールシステムを構築するための「セキュア・バイ・デザイン」

台湾を本拠とするOnward Security社は、IoT情報セキュリティサービスに特化しております。2019年、同社のIoTデバイス診断プラットフォーム「HERCULES SecDevice」(ハーキュレス・セックデバイス)はInternet of Things (IoT:モノのインターネット) Securityの金メダル賞、Industrial Control Systems(ICS:産業制御システム)の銅メダル賞、さらにInfo Security Products Guide主催のSCADA Global Excellence Awards in 2019の「Global Excellence Awards」を授与されました。2019年11月、同社の革新的な「セキュア・バイ・デザイン」アプローチはEnterpirse Security Magazine誌の注目を集め、同誌はアジア太平洋特別版でOnward Security社にインタビューを行いました。

Enterpirse Security Magazine誌は情報セキュリティ関連業界有名な専門誌であります。Onward Security社はTop 10 Enterprise Security Startups in APAC(アジア太平洋地域のエンタープライズ・セキュリティ・スタートアップ上位10社)の中でリスト入りした唯一の台湾企業であり、国際化サービスを着実に展開していることが伺えます。 Onward Security社最高経営責任者(CEO)のモーガン氏はラッセル・トーマス氏のインタビューを受け、IoT製品メーカーが同社の先進技術に着目し、同社のサービスを採用することにより、顧客に高品質な製品を提供していると語りました。製品メーカーは企画・開発・設計に所要する時間コストの制約、並びセキュリティコンプライアンス・規制への対処に追われる一方で、それぞれ開発要素のバランスを取るためには多大なプレッシャーとなりました。 このような状況に対処するため、Onward Security社はコンサルティング、セキュリティ診断サービス、及びSecure Software Development Life Cycle(SSDLC:セキュア開発ライフサイクル)に基づくサービス・ソリューション製品を提供し、企業自らがセキュリティコントロールシステムを構築することを可能にする支援を行いました。

▽IoT専用のワンストップ・セキュリティ診断ソリューション

IoTデバイスの数は2020年までに世界で200億に達すると推定されています。5G、スマートホーム、インダストリー4.0、自動運転車両のテクノロジーは、IoTをさまざまな分野および製品設計に取り入れており、この傾向はサイバー攻撃者の注目を集めております。攻撃目標は、情報システム/ウェブ主体の脆弱性より、徐々にモバイル端末データまたは自動車運転システムへと切り替わっていくことが想定されております。Cybersecurity Ventures社によると、サイバー犯罪に起因する企業損失は2021年には6000億米ドルに達すると予測されております。

モーガン氏は、国際マーケットにて活躍するOnward Security社の強みは、同社のソリューションは深みのある技術によって支えられ、常に市場ニーズに沿って改良向上されていることだと語りました。 例えば、日本の一つの顧客である大手電気通信事業者は大量のIoTデバイスを保有し、検証テストの実施及び所要機材をうまく取り扱うことの難しさを感じておられました。セキュリティ業界におけるOnward Security社の実績により、この顧客はOnward Security社のIoTデバイス診断プラットフォームHERCULES SecDevice(ハーキュレス・セックデバイス)を採用し、CVE(共通脆弱性識別子)のスキャン、ウェブ脆弱性スキャン、プロトコルファジング(Fuzzing)検証、DoS検証など一連テストの実施が可能になりました。全自動IoTデバイス診断プラットフォームは診断専門要員の手間を省き、詳細レポートを自動生成し、解決対策の提案も行うため、この顧客の製品・製造プロセスのセキュリティ診断能力を短期間で強化することに役立ちました。また、Onward Security社はコンプライアンス情報、システム管理、診断ツールなどを含むワンストップ・ソリューションを提供することにより、もう1つの国際的なIoT製品メーカーへの支援も行いました。この顧客は、オープンソース関連脆弱性を管理するOnward Security社のSecFow脆弱性管理システム、機械学習ベースのファジング(Fuzzing)テストを搭載する自動診断ツールSecDeviceを導入し、未知脆弱性の事前検出・対策を行うことにより、セキュアなIoTデバイス機器を生産することが可能になり、企業ブランドを守ることに役立ちました。

▽AIおよび5Gの国際的な展開と開発

Onward Security社はさらなるビジネス発展を目指し、システムインテグレーター、IoT製品メーカー等と協業し、セキュリティソリューションを強化することにより、国際セキュリティ認証機関の資格を有する企業に成長すると同時に、海外進出を推進し外国拠点・子会社設立を行ってきました。さらに、Onward Security社は国際的な認定機関組織に参加し、自社開発した診断ツールを常に改良向上し、セキュリティ業界エコシステムにおいて、サービス・製品の革新的なモデルを開発しております。現在、同社は国際ビジネスの展開およびブランド向上に取り組み、セキュリティ専業企業として世界に展開し、セキュリティ診断サービスを他の地域にも展開しております。Onward Security社は、開発業務にも重点を置いており、特に5G、IoTにおける人工知能、関連アプリに注力しております。モーガン氏はインタビューの終わりを、Onward Security 社の年度目標の1つに「アジアで最初のAIセキュリティ診断能力を持つ企業になること」が含まれている、と締めくくりました。

▽セキュア・バイ・デザイン(Secure by Design)とは

企画・設計の段階からセキュリティを組み込み、対策を施すこと。日本政府のサイバーセキュリティ戦略にも含まれています。

▽Onward Security Corporationについて

Onward Security社は卓越なセキュリティサービス・製品プロバイダーであり、製品企画・開発段階向けのセキュリティソリューションを提供し、IoTデバイスの脆弱性リスクを軽減し、企業がコンプライアンス要件を合致することを支援します。同社の中核チームは、セキュリティ診断ソリューションによって業界への支援を行ってきました。台湾では、同社はテクノロジー、コンサルティング、開発、コンプライアンス合致の能力を有する極めて数少ない企業の1つであります。同社のサービス・製品には、エンタープライズセキュリティサービス、製品セキュリティサービス、コンサルティング・製品が含まれ、同社の顧客は主にアジア太平洋地域ならび北米にあります。

詳細はウェブサイトhttps://www.onwardsecurity.com/、Facebook(https://www.facebook.com/onsectw/ )を参照ください。

▽Enterpirse Security Magazineについて

https://www.enterprisesecuritymag.com/magazines/November2019/Startups/
Enterpirse Security Magazineは、セキュリティ業界のCEO、最高情報責任者(CIO)や投資家に定期購読されています。同誌はAPACスペシャルエディションで、APAC地域27カ国のセキュリティー関連スタートアップ数百社から2019年のTop 10 Enterprise Security Startups in APACを選びました。Onwardの記事は12から15ページに、Top 10リストは19ページに、それぞれ掲載されています。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191220/2677665-1

問い合わせ先
Ms. Shao
Tel: (886-2)-8911-5035
sales@onwardsecurity.com  

ソース:Onward Security Corporation

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ