プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハイセンス(Hisense)

ハイセンスがCES 2020でSelf-Rising Laser TVをリリース

ハイセンスがCES 2020でSelf-Rising Laser TVをリリース

AsiaNet 82407(0034)

【ラスベガス2020年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】ハイセンス(Hisense)は毎年、CESにレーザーテレビの「進化版」をもたらしてきた。ハイセンスは2020年1月6日、3種のレーザーテレビ新製品-75インチのTriChroma Laser TV、Sonic Screen Laser TV、Self-Rising Screen Laser TV-を正式にリリースした。ハイセンスグループ(Hisense Group)のバイスプレジデントであるリン・ラン博士は、グループが年間4000万台のテレビ販売目標に挑戦し、世界第2位を目指すと発表した。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200107/2683789-1
(写真説明:ハイセンスがCES 2020でSelf-Rising Laser TVをリリース)

ハイセンス・レーザーディスプレー(Hisense Laser Display)の主任科学者リュウ・シャンロン博士は、カラー、オーディオ、形態の3テーマで最新のハイセンス・レーザーテレビ技術を共有している。ハイセンスは、これらのイノベーションがさらに消費者ニーズに適合し、テレビが将来発展する方向をリードし続けると信じている。

リュウ博士によると、テレビの形態に関し、ハイセンスはSelf-Rising Screen Laser TVのプロトタイプを導入した。ハイセンスは住居環境のテレビの在り方の点で、家族向けテレビの在るべき姿は住居全体に統合され、必要な時だけ出現するものと考えている。Self-Rising Laser TVはロールスクリーンの収納が可能で、ピーク光学性能も維持される。

75インチと100インチのTriChroma Laser TVの発売は、カラー技術の飛躍的進歩である。TriChroma技術は、レーザーテレビのカラーディスプレーが自然界に存在するカラー全体をしのぐことも可能にし、驚くことに人の目が認識するカラーの90%にも達している。Laser TVは将来のテレビカラーの最高基準であるBT2020基準に適合する唯一のディスプレー製品である。展示会では、ドルビー(Dolby)がTriChroma Laser TVで初のドルビービジョン(Dolby Vision)の技術デモを行う。

ハイセンスはオーディオイノベーションに関して、スクリーンサウンドが音と画像の統合を真に実現し、セルラーバイオニック・スクリーン用のサウンド生成技術の先駆けになるという意見を持っている。この技術はサウンドポジショニングを明確にし、サウンドをさらに広げ、機能を精密に向上させる。

リン・ラン博士は講演の中で「ハイセンスは、将来はレーザーディスプレーが主役になると固く信じている」と述べ、2015年にこの地で最初のレーザーテレビを紹介して以来、ハイセンスはサイズを75インチから150インチに拡大させる進歩を見せたと言及した。画質は単色光源技術からフルカラーに高められている。博士はまた、東芝ブランドテレビのライフロングライセンスによって、年間4000万台のテレビ販売目標を設定し、世界第2位を目指すと指摘した。

優れた大画面視力保護と色彩表現力によって、ハイセンス・レーザーテレビは市場から高く評価されている。2019年のCMMデータによると、中国カラーテレビ市場のレーザーテレビ売り上げ総台数は107%伸び、近年では最速成長の製品部門になっている。ハイセンス・レーザーテレビは北米でも消費者の人気が高く、引き続き大画面市場をつかんでいる。

ソース:Hisense

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355156
(ハイセンスがCES 2020でSelf-Rising Laser TVをリリース)

ハイセンスがCES 2020でSelf-Rising Laser TVをリリース
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ