プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ブリヂストン

大型バス専用低燃費タイヤ「ECOPIA R241」を発売

2020年1月7日

株式会社ブリヂストン

大型バス専用低燃費タイヤ「ECOPIA R241」を発売
- 都市間高速・観光バス事業者の経費削減・メンテナンス負担軽減に貢献 -

株式会社ブリヂストンは、大型バス専用低燃費タイヤ「ECOPIA R241(エコピア アールニーヨンイチ)」を2020年3月より発売します。発売サイズは1サイズで、オープン価格です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001075430-O1-PBhkOM8w

商品名:ECOPIA R241 (エコピア アールニーヨンイチ)
発売サイズ:1サイズ (295/80R22.5 153/150J)
発売日:2020年3月
推奨車種:都市間高速バス、観光バス

都市間高速バスなどで使用される大型バスは、多くの人々を乗せ長距離移動するため稼働時間が長く整備が難しい上に、安全運行や乗客の快適性が求められています。また長距離を運行するために、バス事業者及び整備管理者にとって燃料費等の経費削減も課題となっています。

今回発売する大型バス専用の「ECOPIA R241」は、ゴムと補強材を均一に配置する新トレッドゴム技術「スーパーエココンパウンド※1」により、従来品「ECOPIA R221Ⅱ」と同等の低燃費性能と、優れた耐偏摩耗性能を両立します。さらに、新トレッドパタン及び接地形状最適化※2により、一般品「R225」対比偏摩耗発生量を30%低減※3し、耐摩耗性能の向上を実現します。これらの技術を通じ、「ECOPIA R241」は都市間高速バス・観光バス事業者の安全運行、燃料費削減及びメンテナンス負担の軽減に貢献します。

また、タイヤサイド部には、ブリヂストンブランドの視認性を高めるため、乗用車用プレミアムタイヤである「REGNO GR-XⅡ」に搭載している加工技術「LUX BLACK※4」を採用しています。

トラック・バス用タイヤの「ECOPIA」ブランドは、優れた低燃費性能を備えながら、雨の日でもしっかり止まる「ウェット性能」、タイヤを長く使うための「摩耗ライフ性能」など、7つの運動性能※5を総合的なバランスで実現しています。今後も、運送事業者の様々な課題に向け、「断トツ商品」・「断トツサービス」を活用したソリューションビジネスを提供し、運送事業者様の「安全運行」「経費削減」「環境対応」「業務効率化」をサポートしていくことで、引き続きモビリティ社会の進化に貢献していきます。

※1 ゴム・補強材の配置を均一化させることで、転がり抵抗を維持しつつ、耐摩耗性及び耐偏摩耗性を向上する技術。
※2 ショルダーリブパタンの最適設計、ディフェンスリブの高さの最適化、接地部の最適化によるもの。詳細は別添資料をご参照ください。
※3 ショルダーリブ内の段差量を「R225」対比30%低減。詳細は別添資料をご参照ください。
※4 最先端の微細加工技術により、鮮やかな黒のコントラストを実現する技術。
※5 タイヤの基本性能とは、「転がり抵抗(低燃費性)」「摩耗ライフ性能」「耐偏摩耗性能」「走行音」「ウェット性能」「耐石咬み性能」「浅雪性能」を指します。

ECOPIA R241
転がり抵抗係数指数比較
肩落ち摩耗発生量比較(指数)
フロント装着時の偏摩耗発生の「きっかけ」を抑制
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ