プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DFlux

既存ネオン管の欠点を改善した”Dflux”のLEDチューブネオン

既存ネオン管の欠点を改善した”Dflux”のLEDチューブネオン

AsiaNet 82369

ソウル(韓国)、2020年1月2日/PRニュースワイヤー/ —
新しく事業を始めるとなると、店のオープン前に用意しなくてはならないものがたくさんある。 集客に大きく役立つ内部のインテリアから始まり、小さな小物まで一つひとつに手をかけ準備しなくてはならないため目が回るほど忙しい。特に店の看板は消費者の心を掴み、また自分の店をアピールできる重要な役割があるため多くの事業者は看板の選択を慎重に行う。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200102/2681183-1

DFLux
DfluxのLEDチューブネオンは従来のガラス製ネオン管の欠点を補い、その上誰でも簡単に扱えるため需要が高まっている。ガラス製ネオン管は衝撃に弱いため簡単に割れてしまうという致命的な欠点がある。そしてそれを使用するにあたり危険性も伴う。また、製作費とは別に設置費用もかかるため金銭的に負担が大きい。そして設置後、時間が経つにつれガスが抜けてしまい 文字が光らないというような現象が起きることもある。

対してDfluxのLEDチューブネオンはそのような欠点を補った画期的な商品だ。シリコンチューブにLEDチップを挿入した商品で直線も曲線も自由自在に表現できるうえ、 安全性にも優れている。また、注文し出来上がった商品は希望する場所に掛けるだけでよいので時間的にも費用的にも節約でき、空間を有効的に使えるという点がLEDチューブネオンが人気の理由だ。切れることなく柔らかい光を放ち続け、多彩な色でインテリアとしてチューブネオンの太さも二つのタイプから選ぶことができ幅広く活用できる。

看板について知識がない人もDfluxのホームページにて看板の種類・製作方法について詳しく記載されているので簡単に製作可能である。希望のデザインデータを送ればDfluxがシミュレーションイメージを作り送ってくれるため100%満足できる看板を作ることができる。

Dfluxビジネスメール: dflux@dflux.jp
Dflux公式ホームページ: https://www.dflux.jp/

SOURCE: DFlux

(日本語リリース:クライアント提供)

DFLux
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ